2017-02-22

死ぬ準備。

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

最近、
身近に具合が悪い人が多くて、
「死ぬ」ということを、
考えずにはいられません。

人は必ず死にます。

死ぬときには、
お金もステータスも、
友達も家族も、
なんにも、
持っていくことはできません。

当たり前だけどね。

持っていけるのは、
自分の心だけ。

死にむかっているのを分かったうえで、
身のまわりのことを
整理していかなければいけません。

でもね。

これがなかなか、できないんだな。

だって、
いつ死ぬかなんて、
分からないんだもの。

最近は、終活が流行っていて、
「遺言を前もって書いておきましょう」
というのは、よく聞く話だけど、
本当にできている人って、
どれくらいいるんだろう???

人に聞いた話。

明治生まれのおばあちゃんが、
95歳で大往生を遂げるまでに、
部屋もすべて片づけをして、
残していくもの、
お葬式のやり方、
連絡する人をすべて言い残して、
きっちり亡くなったとか。

そのおばあちゃんは、
学校も出ていないし、
字も読めなかったけど、
最後まで、
自分の後始末をしたんですね。

人は、
学歴でもお金でもなく、
生き様だなと思います。

でもいつ死ぬか分からないし、
死ぬまで結構長そうなのよね。

それはありがたいことと感謝しながら、
ちゃんと毎日を生きていこうと思う。

でももう40代だし、
そろそろ終活ノートを作ろうかな、
とも思います。

自分の人生を見直すのに、
いい機会になるかもね。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。

スポンサーサイト

テーマ : 生きる
ジャンル : ライフ

2017-02-21

働く母の過労死。

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

今日は過労死について。

高度成長期にあった日本は、
「残業して休日出勤して、
飲みに行って」
が当たり前だった。

私の聞いた話によると。

でも自分の育った時代を、
考えても、
そうだったと思う。

お父さんは、
ほとんど家にいなくて、
家は貧しくても、
お母さんが家を守って、
時間はゆったりと流れていた。

今や、
お父さんがリストラは普通の時代。

お母さんがバリバリ働くのも、
めずらしくない。

この状況で、
残業、休日出勤、飲み会、
なんて死んでしまう。

最近の話題は、
もっぱら若い人の過労死だけど、
死なないまでも、
相当無理な生活を送っていると思う。

共働き子持ちの私の場合。

普通に働くと時間内には終わらない。

毎日適度に残業ができるわけではなく、
夫と交代で残業又は休日出勤している。

ところが最近、
深夜残業が禁止になった。

22時になると、
PCが強制シャットダウン!

休日出勤はまだ何も言われていないけど、
働きすぎ警報があちこちに出ている。

在宅もできるけど、
22時に強制シャットダウンだし、
夜はできないよね。

働く母は、
私のようにまとめて残業、
休日出勤している人もいると思う。

だって、
平日は少しでも早く帰って、
子供と一緒にごはんを食べたい。

だからまとめて仕事をする。

それを判で押したように、
深夜残業はダメ、休日出勤もダメ、
模範的な勤務時間で仕事してください、
と言われても、
今すぐには難しい・・・

子供をもつ親は、
規則正しく働けないのです。

子供を規則正しく生活させるためには、
自分の生活を後回しにしなくちゃ、
できないから。

まさに子供が寝た22時から、
午前3時くらいまで仕事をしている、
という人もいるんじゃないかな。

となると、
勤務管理がきちんとした大企業では、
働けないということかな。

そもそも、
仕事が多すぎるから、
こんな問題が出るんだろうけど、
形にとらわれて、
ますます働きにくくなる、
と思うのは、
私だけでしょうか。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。

テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

2017-02-20

あと5年。

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

今日からまた1週間!
がんばっていきましょう(*^-^*)

先日、
久しぶりに実家に帰りました。

そして、
久しぶりに父と、
少し長く話をしました。

私が正社員を辞めて、
修業中であることを、
心配しながらも、
応援してくれている両親。

やっと、
ここにも自分の居場所が、
できつつあります。

「あと10年。
いや、あと5年。
今は大変だろうけど、
40代後半になったら、
楽になるよ」

仕事も子育てもお金のことも、
今は本当に動いている時期で、
あと10年目途と思っていたけど、
確かにあと5年すれば、
先は見えてくる。

子育ても、
大分終わりに近づき、
子供も社会人になるだろう。

私をいつも近くで
みていてくれる両親。

一緒に暮らしているわけではないけれど、
両親に言われるのは、
誰に言われるよりもうれしい。

「がんばっているね。
あと5年がんばったら、
楽になるから、
がんばれ!」

これから5年。
自分に言い聞かせて、
乗りこえていこう(*^-^*)

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。

2017-02-19

25歳で一人暮らしをしたときの話。

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

今日は昔の話を。

25歳のとき。
私は仕事の勉強に
夢中になっていました。

このまま、
今の職場にいるとしても、
何か手に職をつけておかなければ、
ずっと働き続けることは難しい。

それなら、今、
一生懸命、勉強をして、
何か形を残しておきたい。

結婚はそれからだ。

そのために家を出よう。

と決めた。

実家暮らしでも、
勉強はできたけど、
私は元来一人が好き。

というか、
ワガママながら、
人のペースに振り回されると、
勉強ができない・・・

うちの家族は、
とても仲がよかったから、
いろんなことを一緒にしていた。

それはそれで、
とても楽しかったけど、
いろんな楽しみを断って、
一人で集中したいときもある。

母に一人暮らしをすることを話した。

「勉強がしたいから」という理由で。

母は反対した。

実家でも勉強はできるし、
お金もかかるし、
家事も自分でやらなくちゃいけないから、
かえって大変だろうし、
結婚するときに家を出ればいいでしょうと。

確かにそうだよね。

実家にいるから、
勉強ができないわけない。

でも私はもう決めていた。

そして父にも話した。

すると父は言った。

「いいんじゃない?
できるときに、
なんでもやっておけば」

父は、
何にも考えていなかったかもしれない。

それでも私の肩の荷は、
少しだけ軽くなった。

母は専業主婦だったけど、
父は企業で働くサラリーマン。

だから「娘」としてだけでなくて、
これからも働いていく若者として、
アドバイスをくれたのかもしれない。

そして今。

一人暮らしをしたことを、
本当によかったと思っている。

何をしたわけではないけどね。

一人で家に帰った時の気楽さとか、
お天気がよい日曜日の寂しさとか、
後をつけられたときの恐怖とか、
冷蔵庫でいたんでいく、
丸ごとのキャベツとか。

なんでもないことなんだけどね。

一人で暮らす、
ということが、
私には必要だったみたいです。

母に守られた娘でもあり、
父に支えられた娘でもあったんだと、
思います。

きっと今も・・・ですね。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。

2017-02-18

4年分しゃべりたい!

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

いつも時間がない!
と言っている私ですが、
(それは能力がないから?)
子供との時間は大切にしたいです。

たくさん話すことがある子供たち。

あらそって、
先をしゃべります。

本人たちも何を言っているのか、
分からなくなっちゃうくらい、
考えるよりも先に言葉が出る。

でも何にも考えないで、
しゃべっていいのは、
子供のうちだけ、
しかもうちの中でだけ、
かも。

だって、
思ったことを全部外に出すと、
あとから不都合なことも、
たくさん出てくる。

だから大人になったら、
家族の中でしゃべるときさえ、
考えるようになる。

飛び出した言葉たちは、
取り戻せないから。

学年で4つ離れている、
うちの姉弟。

「お姉ちゃんは、
僕より早く生まれているのだから、
僕4年分たくさんしゃべりたい!」

弟の言い分。

なんだか、
おかしいですね(*^-^*)

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

プロフィール

iyokan

Author:iyokan
フルタイム(不動産専門職)で働く既婚・子持ち40女。
いつもありがとうございます♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
人気記事
ブログパーツ
ブログ村30代OL


にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村
FC2カウンター
閲覧中♪
現在の閲覧者数:
F2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村30代OL
QR