2017-01-24

年収2千万円以上の人の集まり。

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

先日、
管理会社さん主催の
不動産投資セミナーなるものに、
初めて行ってきました!

場所は、港区の一等地。
銀座線の駅から、
徒歩3分の立派なビルです。

収益不動産を持っている
オーナーさんが対象。

60代以上が9割、
身なりもきちんとされているし、
事業をされている方とか、
一等地の事業用ビルを相続された方とか、
もともとお金もち、
なんだろうな~

年収2千万円とか、
軽~く超えちゃってるんだろうな~

あくまでも想像ですが。

テーマは「空室対策」だったけど、
参加されているオーナーさんたちは、
お金に困っていなさそうだし、
「空室」とか、
本当に気にされているのだろうか・・・

いやいや、
気にされているから、
勉強熱心にも、
セミナーに参加されているんですよね。

一方、
私たちは40代そこそこ。
収益アパートを持っているけど、
大層な資産家の皆さまからは、
まだまだ、ほど遠い。

それなのに、
待合室には、
コーヒーやお茶菓子もあって、
食べ放題!

セミナーに参加したというだけで、
立派なカレンダー、
ハンカチ、おしゃれな石鹸、
なんかもいただいてしまって、
本当に申し訳ないくらい。

営業の方も、
腰を普段の20センチくらい余計に落として、
エレベーター前から、
エレベーターに一緒に乗って、
会場まで案内してくださる、
という丁寧さ。

皆さまが期待されるほど、
お金もちではないんです・・・

ごめんなさいね。

お金があるところには、
こうして人が集まる。
サービスが集まる。

お金があるとないとでは、
最初から扱いが違う。

お金持ちというのは、
そういうのが当たり前であって、
慣れているもの。

もちろん、
お金目当てであることが、
前提ですが。

だから、
自分が偉くなったように思えて、
気持ちがいい一方で、

「どうせお金目当てなんでしょ」
という冷めた気持ちが出てくる。

お金がなくなれば、
冷たくあしらわれる。

お金の力。怖いです。

私たちはまだまだお金持ちじゃないから、
へんって鼻で笑われるレベルだけど、
お金持ちになったら、
きっともっと違うんだろうな~。

個室のサービスがあったりして。

お金はいろんな人を惹きつける。

人を見ずにお金を見る世の中、
ちょっと怖いなと思います。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。

スポンサーサイト

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

2017-01-23

夫との会話。最近気づいたこと。

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

今日は、
夫の話をしたいと思います。

私の夫、
ちょっと変わっています。

「危険生物の中で何が好き?」

急にこんなことを聞いてきます。

「危険生物」の図鑑が息子の中で、
ものすごく流行っていて、
「危険生物」という言葉自体が、
我が家では日常的なのは別としても、
普通はこんな質問しないですよね?

変わった家族には、
私も慣れっこなので、
簡単に答えます。

「アライグマ」

息子によると、
アライグマは大きくなると、
凶暴になるので、
飼いきれなくなって、
手放す人が多いらしい。

そして、
凶暴になったアライグマが、
民家の屋根裏に住み着き、
大暴れするらしい・・・

なんて恐ろしい(*_*;

夫もアライグマのことは、
知っていたようです。

「いい答えをおしえてもらって、
よかったね」

あっさりと言ってから、
少し沈黙したあと、
こう言いました。

「こういう質問をされたときに、
何かひねった答えをしないと、
と思っちゃうんだよね。

俺はさ、どんな質問にも、
『さすがだね』と言われるような、
変わった答えをしたいんだ。

最近気づいたんだけどね。

だから理屈っぽいって、
言われるんだよな」

そのとおり!!
分かっていたんだ。

私なんか、
興味があることとないこととで、
まったく対応が違っちゃうけどね。

残念ながら、
「危険生物」には興味なし(笑)

どんなことにも、
『さすがだね』と言われる
答えを見つけるのは、
大変だろうなぁ。

大人になっても、
「最近気づいたんだけどさ」
と自分を振り返ること、
ありますよね。

それが本当になりたい自分、
なのかな。

そうなのかもしれないし、
そうじゃないのかもしれない。

でも、
自分が好きなこと、
こういう風に思われたいと思っていること、
ひとつひとつ確認することで、
やりたいことや、
なりたい自分が見えてくるのかも、
しれないですね。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

2017-01-22

残業は月に45時間までは現実的なのか。

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

いつもコメントをいただき、
ありがとうございます。

本当に喜んで、
読ませていただいているのですが、
お返事ができなくて。

でも、
本当にありがとうございます!

何が言いたいのか、
分かりませんね(笑)

今日は残業の話を。

電通の新入社員の女性の過労死問題で、
役所も企業も残業に対して、
敏感になってきましたね。

週に40時間労働が基本で、
三六協定を結んでも、
原則として残業は月に45時間まで。

ということは・・・

例えば、
毎週土曜日に出勤したとする。

それで月に4回×8時間で、
32時間です。

それプラス毎日1時間ずつ残業で、
プラス20時間。

32時間+20時間=52時間

毎日19時に帰ったとしても、
月に3回休日出勤したら、
残業時間45時間なんて、
軽くオーバー。

全然過労死をするレベルじゃないけど。

世の中の皆さまは、
ちゃんと定時に帰れているのかしら。

ちょっと前までは、
土曜日半日がスタンダートで、
そこから午後も働く人だって、
いっぱいいたのに。

私の場合は、
子供がいるので、
できるだけ残業をしたくない。

となると、
ある日にまとめて残業するか、
休日出勤をするしかない。

だから、忙しい月は、
まともに残業をつけていると、
45時間なんてあっという間に、
いくのではないかしら。

私だけではなくて、
同じ部署の人もそんな感じみたいだし。

それでも、
残業しちゃダメ!!って言われたら、
残業申請しないで仕事するのかなぁ。

それは嫌だなぁ。

深夜22時以降の残業は、
絶対ダメ!とか、
月に45時間以上の残業はダメ!
と言われると、
そうならない範囲で、
残業をつける。

だから一見、
残業は少なくなったように見えるけど、
そんな簡単なものではないのではないか、
と思う。

みえない仕事。
みえない残業。

残業したくてしているわけではないけど、
期限が決まった仕事があって、
それを守るためには、
時間を作らなければならなくて、
「残業を減らしましょう」
と言われて簡単にできるものではない。

特に子持ちの私たちにとっては、
残業できる日は限られていて、
毎日コンスタントに残業できるわけではない。

早く帰らなくちゃいけない日がある分、
遅くまでやらないと間に合わない日がある。

規則正しい働き方、とか、
ワークライフバランス、とか、
考えると、
ものすごい偏っているんだろうけど、
無理くり毎日を回しているので、
理想的働き方を言われると、
ちょっと耳が痛い。

本当は残業もそこそこ、
休日出勤もしないで、
子供との時間を楽しみたいけど、
それができる仕事量ではないみたい。

やっぱり子持ちは、
仕事はそこそこ、
バリバリやるのは、
子供が大きくなってから、
ということか。

でも、
子供が大きくなるまでには、
結構かかるんですよね・・・

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。

テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

2017-01-21

「贈り物」と「断捨離」。

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

すっかり寒くなりましたね。
首をすくめて歩いていると、
肩こりが(笑)

最近、
宅配便がとても多いけど、
宅配ドライバーの方とか、
外に出る方は本当に大変だと思います。

我が家もアマゾンとか、
ネットショッピングしているものもあるけど、
年末には、
お付き合いのある業者さんから、
お歳暮やカレンダーも、
宅配便で届く。

うれしいお届けものもあれば、
「これを贈ってきたか・・・」
と思うものもある。

例えば、
業者さん作成の高そうなカレンダーとか。

気を遣ってくれているんだろうけど、
モノを作るお金も、
宅配する労力もかかっていると思うと、
捨てるのも申し訳ない。

結局、よくても紙の再利用、その後、
どうしようもなくて捨てるんだけどね・・・

営業の意味も含めて、
「モノ」を送らないといけないのだろうか。

昔は「モノ」がない時代だったから、
何でもうれしかったけど、
「断捨離」がこんなにはやっているのに、
なんだかおかしい。

機械化が進んで、
みんな想像力が、
麻痺しているのではないかな。

カレンダーを作るには紙が必要だし、
それには木を切らなくちゃいけないし、
印刷にはインクが必要だし、
配達は車で配達員さんがしなくちゃいけない。

みんなコストも手間もかかっているんだよ?
宅配のドライバーさんなんて、
雨の日も雪の日も本当に大変だよ?

自分の家族や自分が、
同じ仕事をするとしたら、
少し想像ができるのではないかしら。

その結果、
いらないものは「断捨離」・・・

仕事を生み出すことは、
お金をおとすことで、
経済が活性化する。

それ自体はいいことだけど、
作ったものをちゃんと利用したうえでの、
経済じゃないかな。

魔法のようにモノができるわけじゃないし、
魔法のようにモノが運ばれるわけじゃない。

みんな人の手がかかっている。
人の貴重な時間、労力、
極端に言えば命がかかっている。

私だって、
何かのお返しや形をつけるために、
「モノを買う」こともある。

でも、
せめて手渡しで、
せめて喜ぶものをと、
できる範囲でも考えたい。

「モノ」が簡単に買えるだけに、
人を喜ばせる贈り物が、
難しい時代になりましたね。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。



テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

2017-01-20

「家事代行を頼む」という選択肢。

いよかん、です。

たま~に早めに直帰すると、
子供たちが大喜びです。

いや、
羽を伸ばせないから、
内心嫌だと思っていたりして(笑)

と思われないように、
私が家にいるときは、
かなり甘やかしています。

というか、
いつもは、
宿題もお風呂も、
洗濯を取り込み、たたむこと、
ご飯を炊くこと、
たまに夕飯作り等々、
私が帰ってくるまでには、
終わらせてね!

と言ってあるので、
子供なりに忙しいのです。

もちろん全然完璧じゃないけど、
夕方帰ってきて、
のんびりする時間もなく、
「やらなきゃいけないこと」だらけ。

最近の小学生は、
学校でもとても忙しいので、
ちょっとかわいそう・・・。

でも、
そうやっていかないと、
家事がやりきれません。

だから、
たま~に家にいるときは、
甘やかしています。

普通の子供みたいに、
お風呂と宿題と明日の準備ができればよくて、
それ以外のことは要求せず、
ず~っとしゃべっている。

と言っても、
夕方からの時間は、
あっという間だけどね。

もしも、
私が働いていなくて、
普通の主婦だったら、
いつもこうして、
のんびりしているかしら。

それって、すごいな~。

子供の成長も見られるし、
一緒に応援してあげられるし、
勉強だって、
今よりもっとできるようになるかも。

(今は最低限できていれば、
OKという水準です・・・)

子供に手をかけてあげられる
専業主婦にすごく憧れる。

でもね。
うちはこれで来てしまったし、
私が家にいたとしたら、
子供はいろんなことをやらなくなるだろう。

洗濯も掃除も料理も。

必要なことをやってもらっているの。

それは子供も分かっているようで、
家事代行を頼むくらいなら、
自分たちでやる、
という。

本当に頼む気はないけどね(笑)

今どき子供に家事をやらせるなんて、
かわいそうかもしれない。

でも、
家族の一員として、
守られているだけではなくて、
ちゃんと役にたっている。

その意識は、
子供に自信をつけていると思う。

勉強だけじゃなくて、
私は生活力もあるんだという自信。

だからね。

フルタイム共働き、
実家の支援なし、
家事代行もなしで、
うちの家族は、
普通の家族よりも負担が重いけど、

できることが多くなった分、
いいこともあったんじゃないかな、
と前向きにとらえてみたり、
しています(笑)

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。



プロフィール

iyokan

Author:iyokan
フルタイム(不動産専門職)で働く既婚・子持ち40女。
いつもありがとうございます♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
人気記事
ブログパーツ
ブログ村30代OL


にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村
FC2カウンター
閲覧中♪
現在の閲覧者数:
F2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村30代OL
QR