2017-05-12

「子育てしている人」と「していない人」の格差。

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

いつもご訪問、コメントを
ありがとうございます。

私は都心まで1時間くらいかかる、
関東郊外に住んでいます。

そこには、
旦那様は正社員で働きつつ、
自分もパートではなく、
自由に働いいている30女が、
一定数住んでいます。

都心に行くには遠いし、
子供もいる。

かといって、
ずっと正社員で普通に働いてきたのに、
今さらパートというのも・・・
と考える。

ここまでは、
皆同じだと思う。

正社員という枠さえ望まなければ、
契約社員とか派遣社員とか、
働く方法はある。

給料はかなり下がるし、
残業もある。

となると、
近所で昼間しか働きたくなくて、
という人はパートしかないのよね。

さらにさらに給料が下がるけど。
それでもあえてそれを選ぶ人もいる。

だって子供はかわいいし、
子供が小さいうちは一緒にいたいもの。

それはすごく分かる。
否定しない。

でも、
本当は働く能力が高いのに、
ちょっともったいないよね。

そして今は、
在宅勤務というのが、
流行りつつある。

子供を産んでも仕事を辞めない人が増えたけど、
どうしたって仕事と家庭の両立はきつくて、
在宅勤務又はテレワークという方法なら、
通勤のロスもないし、
子供を産んだ女性でも働きやすいのではないか。

大企業はその体制を整えつつある。

子供が小さいうちは、
週に1日か2日の在宅勤務を認める。

いい流れじゃない?

それでも子育てには、
いつか終わりがくる。

その制度を使える時期にも、
終わりがやってくる。

小学校にあがるときか、
小学校3年生まで、
という会社が多い。

時短勤務ができるのも同じ時期。

そういう制度が使えなくなったときに、
今までみたいに、
働きつづけることができるだろうか。

ちょっと疑問だ。

自由に働けるようになればなるほど、
その制度が使えなくなった時の負担が大きい。

それでも、
大企業でそんな制度が使えるだけ、
いいんだろうな。

今のご時世では、
みんな簡単には辞めないしね。

でもそれでいいのかな。

在宅勤務とかテレワークとか、
そういう制度は子育てしている人のもの、
みたいに考えるのは、
もう古いんじゃないか。

そういう制度ができて、
その制度を使っても、
事務効率が落ちないのなら、
「子育てしている人」が特別なのではなくて、
普通の人でも誰もが使える制度にすればいい。

そうしないと、
なんだか不公平だしね。

普通の人だって、
満員電車に揺られて1時間も通勤するのは苦痛だし、
週に1日くらいは仕事を早くきりあげて、
自宅でくつろぎたいだろうし、
会社にいかないでできることも、
たくさんある、はず。

「子育てしている人」が働きやすいなら、
「普通の人」はもっと働きやすくなるはず。

「子育てしている人」を特別扱いするのは、
もうやめませんか。

「子育てしている人」から、
「普通の人」に戻るのは、
とても大変だから。

「子育てしている人」だけが、
優遇措置を受けるのも、
なんだかちがうと思うから。

子育てしていてもしていなくても、
プライベートの時間がもてる制度が
必要なのではないか、
と思います。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

いつもありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは。
私の職場は子育て中はそれぞれ交渉の上働き方待遇が変わります。
でも男性はほぼ一律。
だから女は、とみんな思っています。
女性間でもイロイロあります。。。
言ったもの勝ちなのでね。

同感!

こんにちは。
子育ては、単位的に見れば確かに親がいてその親が築く家庭の中で行われるという枠が一番小さな枠。その家庭が幾つもになって学校/村/町単位になって行く。さらにその先には、都道府県があって、その先は国。そして地球が育む地上の世界がある。
動物も植物もヒトも皆んな同じ道を辿っている〜誕生して、愛されて育てられて、子供から親になり、死んで行く。
男だけではこの世界は成立しないし、女だけでも成立しない。
考え方を大きく変換して、格差を助長する制度でなく、融合を助長するシステムを作らないと、豊かな未来は開けないです!

こんばんは

あるだろうねぇ~。
お金のかかる割合が変わってきますからね(・。・)

No title

こんにちは!
まったくもっておっしゃる通りだと思います。
でもねぇ、会社がそういう制度を構築してくれるかどうかは別。
今の仕事が在宅でもOKとなったら、
そういう働き方スタイルを優先するから
いったん退職して嘱託になりませんかっていう案を出してきそうだわ。
子育て制度を使っている間はそれで良いけど
復帰時期になって、やっぱり無理となった時の案として嘱託契約。
嘱託契約って形なら男女関係ないしね。
ただ給料は当然正社員より下がる。
そこが会社の狙うところなんだけど
働き方として選べる立場にある人なら、それも有りみたいな。
会社は安く使いたいから。

Re: ミームさま

コメントありがとうございます!
『それぞれ交渉の上働き方待遇が変わります』
というのは、すごいですね。

一律でなくては不公平感が出ますよね。

でも実際には、
「言った者勝ち」だし、
「やらない者勝ち」だし、
真面目にやっている方が損をする、みたいな?

個別性があるんでしょうけど、
仕事への心構えの違いもあるでしょうし、
なんだかやっぱり不公平ですよね・・・

Re: 同感!yokoblueplanet さま

コメントありがとうございます!

> 考え方を大きく変換して、格差を助長する制度でなく、融合を助長するシステムを作らないと、豊かな未来は開けないです!

そのとおり!と私も思いました。

女だから男だから、
子育てしているから、していないから、

とか、
いろんな区分が、
話をややこしくしている気がします。

Re: こんばんは よしお様

コメントありがとうございます!

お金のかかる割合、と言われると、
そうかもしれないですね~

Re: おばさん会社員様

コメントありがとうございます!

> 今の仕事が在宅でもOKとなったら、
> そういう働き方スタイルを優先するから
> いったん退職して嘱託になりませんかっていう案を出してきそうだわ。

まさにそう。
在宅をOKする代わりに給料2割カットという会社、
聞いたことがあります。
在宅を辞めれば給料ももとに戻るらしい。

> 子育て制度を使っている間はそれで良いけど
> 復帰時期になって、やっぱり無理となった時の案として嘱託契約。

> 会社は安く使いたいから。

そう、会社はある程度うまくまわって、
しかも安く使えれば万々歳なわけです。

とりあえず会社に通ってきている正社員を
保護しなくちゃいけないから、
在宅で普通の人以上に働いてくれれば、
本当にお買い得ですよね。

そういう前提で、
契約社員や嘱託社員を使っているし、
正社員登用といっても、
もともとの正社員と待遇がまるでちがう!
というような使い方をする。

正社員という立場が貴重過ぎて、
給料や待遇が多少悪くても、
希望してくる優秀な人がたくさんいるから、
でしょうね。
プロフィール

iyokan

Author:iyokan
フルタイム(不動産専門職)で働く既婚・子持ち40女。
いつもありがとうございます♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
人気記事
ブログパーツ
ブログ村30代OL


にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村
FC2カウンター
閲覧中♪
現在の閲覧者数:
F2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村30代OL
QR