2017-04-27

37歳で仕事を辞めたダメンズのその後。

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

いつもご訪問、コメント、
ありがとうございます。

先日、
久しぶりに会社を辞めた後輩男子に、
会いました。

こんな言い方は失礼なんだけど、
会社での彼は本当にダメなヤツで、
仕事の約束をしても、
段取りが分からない。

正論を言ってるんだけど、
言い方が悪くてお客様を怒らせる。

言うことはエラそうだけど、
仕事の大筋が見えていない。

悪口、じゃないですよ?

いや、悪口か。

そんな彼は、
出世も遅れていて、
ダメなヤツと思われていたわけです。
10年以上も。

それが会社を辞めて、
両親の会社を継ぐことにした。

従業員は10人くらいの中小企業だけど、
30年以上は続いている会社。

大丈夫かなぁ。
会社つぶれちゃうんじゃないかしら。

あ、失礼か(笑)

そう思っていたんだけど、
意外とがんばっているらしい。

もちろん親の七光りというのは、
あります。
社長の息子なんだから。

でもね。

彼にもいいところはあった。

会社にいたときは、
そのよさがあまり目立たなかったんだけど、
「いい人」なの。根本的に。

時間も守れなかったり、
段取りが悪かったりするけど、
どこかに行ったら、
みんなにお土産を買ってくるとか。

普通は買わないような
シチュエーションでね。

東日本大震災のときも、
同僚の実家が被害にあって、
何かできないかと言い出したのも彼で、
カンパをし始めた。

率先して1万円をカンパした。

別にお金持ちじゃないですよ。
普通のサラリーマンだし、
お給料もそんなによくない。

それでもそういうときに、
人のためにお金を使えるというのは、
育ちのよさだな、と思う。

それが会社を辞めたことによって、
社長の息子として働くことによって、
活かされている。

この育ちのよさ、
というのは教育だったかと。

社長は仕事の段取りも必要だけど、
人柄がよくないといけない。

部下もお客さんもついてこない。

今までのエラそうな発言の数々も、
社長の息子だと思って見ると、
しっくりくる。

従業員10人程度の中小企業。

大企業の方がいいじゃない?

という人もいるかもしれない。

でも、
彼には彼の生き方があって、
リスクはあっても、
彼には今の居場所の方が、
心地がいいんだろうなと思う。

人生は一度きり。

後悔しない生き方を、
選びたいですね。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。

スポンサーサイト

テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

2016-10-20

会社を辞める理由は年収ですか?

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

今日は木曜日ですね。
あと一日で仕事は終わるのか?
という問題はおいといて、
今日のタイトル。

「会社を辞める理由は年収ですか?」

これは、
私が39歳で会社を辞めるときに、
もと上司に言われた言葉。

確かに前職のときの年収の半分くらい、
だったけどね。
そんな風に思われていたとは!?

年収が前よりもずっと低くて、
離職者が多いキツイ営業職を選んだのは、
修業を積もうと思ったからなのです。

だから辞める理由は、
年収ではなかったんだけどね。

営業はキツかったけど、
楽しいこともいっぱいあったよ。

トップセールスの方たちは、
なるほどねと思う人格者だったし、
いろんなところで努力をしていた。

今までは街頭のティッシュ配りの人とか、
家にくる営業の人とか、
本当に面倒くさいと思っていたけど、
気持ちが分かって、
少しだけ優しくなれたしね。

人相手の仕事は、
いいこともあるけど、
キツイことも多いです。

年収で仕事を決めているわけじゃないけど、
お金は自分の仕事に対するご褒美で、
「ありがとう」という気持ちだから、
やっぱり多い方がいい。

「ありがとう」の大きさ=年収

すぐにこうなるかどうかは分からないし、
お金のためだけに働いているわけではないはずだけど、
年収が下がるとモチベーションが下がることは、
確かです。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。

テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

2016-10-03

アラフォー子持ち彼女が仕事を辞めたのは。

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

今日からまた一週間が、
始まりましたね~

会社やご近所で、
転勤で引っ越しをしていく方がいます。

ご近所のお友達は、アラフォー、
小学生と保育園の男の子、
3人の子持ち。

フルタイムで、
港区まで通勤していました。

時短をとっていたけど、
いつも自宅に帰ってくるのは、
6時半過ぎ。

実家が近くにあるわけでもなく、
本当にがんばっているな~と、
思っていました。

その彼女が突然、私に言いました。

「来年の4月から旦那が北海道に転勤で、
私も仕事を辞めることにしたから」

え、え~~~~?!

驚いている間もなく、
彼女達は北海道の駅近にマンションを買って、
引っ越していきました。

よくよく聞いてみたら、
旦那様のご実家が北海道らしく、
希望どおりの転勤。
定年退職までずっとそのままの異動らしい。

時短だって、
小学校3年生までしかできないし、
いつまでもこんな生活していられない。

と思ったかどうか・・

今や大自然の中、子育てをしている。

転勤も希望していく時代なんですね。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。

テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

2016-09-16

退職。

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

先日、
職場の定年退職のお祝い会に、
参加しました。

私の中の飲み会参加ルールでは、
誰かの歓送迎会やお祝い会など、
節目のときはできるだけ、
参加するようにする、
となっています。

定年退職される方は、
38年(大卒)または40年(短大卒)もの長い間、
ひとつの会社で勤めあげました。

すごいですね。

昔だったら40代が寿命なのに、
40年勤めているなんて、
これだけ人類の文化が進むわけです・・・。

「今までいろいろ嫌なこともあったけど、
思い出すのはいいことばかりです。
ここまでこられて本当に感謝です」

とのご挨拶。

実は別の会の別の定年退職の方、
同じことをおっしゃっていました。

そしてそのあとの一言。これも同じ。

「みんなも後に続くと思うけど、
あっという間です。
だから、
ちょっとくらいつらいことがあっても、
最後までがんばって勤めてください。」

やっぱり定年というのは、
感慨深いんだろうな~、

と思う一方で、

いつまでこの時代が続くのだろう、
とも思う。

年金がいくら出るのかも分からない、
何歳まで働かなくちゃいけないのかも分からない、

定年60歳おめでとう!ハッピーリタイア!

の時代は終わった。

20年後に定年をむかえる私たちは、
後輩に同じことを言うだろうか。

いや、そもそも、
あと20年後には会社自体がなかったりして。

高度成長期を終えて、
ゆるやかな下り坂をむかえている日本。

定年退職者のお祝い会に出ると、
いつも「ひとつの時代の終わり」を感じる。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。

テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

2016-09-07

母の考え。娘の考え。

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

突然ですが、
私、最近思うんです。
母の影響は大きかったと。

何を今さらと思われるかもしれないけど、
40歳になってようやく母の考えと私の考えを、
対等に話せるようになったかなと。

今までは、
母はすべて正しい、
母は私のことを思ってくれているから、
母が言うことは私にとって最大のアドバイスであると、
思っていた。

でもね。
母も人間です。
人生経験が豊富と言っても過去の話。
時代は変わっていく。

母がよいと思ったことも、
これからは時代に合わないことも出てくる。
年もとる。

もういい大人なんだから、
自分の結論に責任をもとうよ。

入社して1年目から「会社を辞める」と言った私を、
必死で引き止めてくれた母。

すぐに辞めてもやりたいことが、
はっきりしているわけじゃない。
とりあえず一つの場所でがんばってみれば、
と言ってくれた。

それから10年以上経って、
私は会社を辞めた。

会社を辞めるために、
10年がんばったのかもしれない。

12月末退職なのに、
母に言ったのは退職1日前の12月27日だった。
退職を止められるのが怖かったのかもしれない。

「私辞めることにした」
電話でそういった私に母は一瞬黙った。

何かがお腹のほうで、キリッとする。
すべてがスローモーションで動いている。
永遠にも感じる一瞬。

長い息の先に母の声が聞こえた。

「そう。長いことよくがんばったわね」と。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。

テーマ : 生きる
ジャンル : ライフ

プロフィール

iyokan

Author:iyokan
フルタイム(不動産専門職)で働く既婚・子持ち40女。
いつもありがとうございます♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
人気記事
ブログパーツ
ブログ村30代OL


にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村
FC2カウンター
閲覧中♪
現在の閲覧者数:
F2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村30代OL
QR