2010-05-24

ブログをはじめたワケ

私がブログをはじめたワケって、何だろう。
急にそんなことを思った。

更新は月に1回できればよい方。
1か月以上ほったらかしで、
勝手に広告が入っていることもしばしば。
当然ブロ友なんていないし、
ごくたまにきとくな方にコメントをいただく程度。
ブログをやめちゃわないのは、
何でだろう。

ブログを始めた人の話を聞くと、
「全国にブロ友をつくろう。」とか
「同じ趣味をもつブロ友とオフ会をやろう」とか、
「将来、独立開業するために人脈をつくっておこう」とか、
当然、更新も週に数回、
じゃなくて毎日、の人がたくさんいる。
ブログをする人って、前向きな方が多い。

それに引きかえ、なまけ者な私。
時々思い出して、
「あ、あれ書きたい。」とか
「それって、おかしいでしょ?」とか
日々思うことがあって、
久々にパソコンに向かうといった感じ。

でも、私は書くことが好きだ。

30も過ぎると、
働いていも、ただ生活をしていても、
理不尽なことも多くて
「もうイヤ!」って思うこともあるけど、
それでもみんながんばって生きている。

30女を型にはめないでほしいって思う。
自慢できるのは、
仕事だけでも、恋愛だけでも、
家庭だけでも、趣味だけでも、
いいじゃない。
何にも自慢できなくても、
いいじゃない。
自分が幸せなら。
毎日を大切に生きていれば、
誰に何と言われようとも。

そうして、自分を強くしたい。
私の文章を読んで、
がんばろうって思ってもらえれば、
それは本当にうれしい。
たまたま、このページで出会えたのも、
きっと必然だと思いたい。

ひとりよがりだけど、そう思うのです。

スポンサーサイト

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

2010-05-17

「帰りたい」と思うとき。

こんな晴れた日曜日の朝は、
キライ。
何でもできそうないいお天気なのに、
何の予定もない。

朝8時に目が覚める。
カーテンから、
あたたかい日の光がもれている。

ベットからひとり暮らしの部屋の
天井をながめる。

あ。今日の私。何にもない。
電話する彼もいない。
女友達に電話しても、
きっとデートだ。

雨の日なら、
ひとりで部屋にいるのも、
気にならない。
でも、こんな日はひと恋しい。

実家に電話してみる。
「どうしたの?めずらしい。」
母が言う。
「何となく、
どうしてるかなと思って。」
と私。
「今ね。たろうちゃんのブラッシングしてたのよ。」
母が言う。
「たろうちゃん」とはうちで飼ってるオス猫だ。
うちの庭で気持ちよさそうに
ブラッシングされているたろうちゃんが目に浮かぶ。
何でもない日常の一コマ。
それなのに、強烈に思ってしまう。

帰りたい・・・。

続きを読む

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

2010-05-10

「幸福度調査」の結果

先日、内閣府が行った
「幸福度調査」の結果が発表された。

10点満点で評価した結果、
日本人の幸福度は平均で6.5点。
男女別で7点以上を付けた割合は
男性が48%、女性が59%。
年代別では、30代の61%が最多だった。

そんな記事を見つけた。
30女の幸福度、
世間の中では意外に高そうだ。

私の幸福度は?と考えると、
7点?8点?
平均的な30代ってことかな。

なぜ7点かというと、
今でも十分幸せだけど、
あと3点はこれからもっと幸せになるから、
という答えが一般的なのだろうか。
他人と比べたら多少いいかなという考えで、
5点よりは2点上の7点というところか。

そもそも「幸福度」って何だろう。


続きを読む

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

2010-05-03

アラサ―という限界

「最近アラサ―がおかしい。」
朝礼で課長が言った。
「うつも多いし、
モンスターペアレントも、
アラサ―なんじゃないのか。」

―課長、それはちょっと偏見では―
と思ったけど、言っても仕方がないだろう。

―ところでアラサ―ってどこまで?―

課長が言ったのは、
「えーと、うちの課では、
田崎君、山城君、三上さん、そのくらいか?」

―え?私は?―

「他の先輩たちは、ちゃんと指導するように。」
課長は話をまとめた。

言われた人たちは、いい迷惑。
アラサ―でひとくくりにすんな。

入らなかった私は、
おかしくないっていうことかな。
喜んでいいのかしら。

いや、違う。
私は今年で34歳。
アラサ―って言えないのか・・・。
ちょっとショック。
でも32歳の子も入ってなかった。

課長のアラサ―の概念は、
20代後半のイメージらしい。

確かにね。
34でアラサ―はきびしいかも。
そろそろアラフォーだ。

認めるのはこわいけど、
確実に歳はとる。
誰でもいつかはアラサ―を卒業する。
指導を受けるアラサ―は卒業。
アラサ―を卒業した私たちは、
もうひとつ上の世代へ進んだ。

人はずっと指導される立場では
いられない。
次の世代を作る世代へ
進まなければならない。

アラサ―とかアラフォーとか
呼び方が問題なのではない。

そろそろ社会人として
責任をもたなきゃね。
34歳の私。
もう周りのせいにできる歳ではない。
まずは自分で自分に責任をもとう。



テーマ : なんとなく書きたいこと。。
ジャンル : 日記

プロフィール

iyokan

Author:iyokan
フルタイム(不動産専門職)で働く既婚・子持ち40女。
いつもありがとうございます♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
人気記事
ブログパーツ
ブログ村30代OL


にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村
FC2カウンター
閲覧中♪
現在の閲覧者数:
F2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村30代OL
QR