2012-10-25

転職活動で分かったこと。

皆さま、こんばんは。
今日もお疲れさまでした。
木曜日にもなると、少し疲れが出てきますね。

転職活動は自分を見つめなおす「自分探し」でもあるので、
いろいろな「気づき」があるのですが、
気がついたことをまとめておきたいと思います。

まず一つ目。
家での服装。
これは特に関係ないのかもしれないのですが、
今までの私。ルームウェアは超適当でした・・・。

どのくらい?と聞かれると、
宅配便の人が来たときには、とりあえず着替えるという程度です。
つまりトレーナーに膝の出たスウェット。
若い頃はこれでもよかったけど、
気づけば今では完全にオバサン化でした・・・。

これを見直しました。
人から見られる自分と自分のモチベーションを大切にして、
家でもコンビニくらいは行けるくらいの服を着るようにしました。

これって微妙ですが、重要な変化だと思います。
家にいる自分の気持ちが上がって、ちょっとだけ自信がつくからです。

それから、二つ目。
やりたいことが分かったこと。
これは仕事についてではなくて、
自分には運動が不足しているから、
定期的にジムに通いたいということが分かった。

前にもジムには通っていましたが、
なかなか時間がとれなくて断念。
でもやっぱり運動したい!
健康のためにも続けるべきという結論が出ました。

ジムに今すぐ通うことは時間的に無理だけど、
朝は5時に目覚ましをセット。
起きて朝ヨガ・・・を目標にがんばっています。
あくまでも、まだ目標ですが・・。

そして三つ目。
自分の仕事のスタンスが分かったこと。
これは転職活動前に分かっていることが当然なのかもしれませんが、
今の会社にもいいところはたくさんあって、
それを捨ててまで手に入れたいものは何か。
それが少しずつはっきりしてきたのです。

生活のために働くというのはありますが、
収入が高ければそれだけでよいという訳ではありません。

自分にとって譲れない条件が、
転職活動を進めるうちに少しずつ分かって気がします。

他にも分かったことはあるのですが、
とりあえず今日はこの3つをあげたいと思います。

でも自分のことを知るために、
周りの人も巻き込んでする転職活動は本当に大変。

最初から、自分のことがよく分かっていたらよいのに。
と思いますが、なかなか自分のことは分からないものですね。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。


スポンサーサイト

テーマ : 就職・転職・起業
ジャンル : 就職・お仕事

2012-10-23

転職活動の成果。

皆さま、こんばんは。
今日も雨です。あっという間に冬がやってきます。

今年の冬には、
今の会社にいないなんて、未だに信じられません。

転職活動を今年の夏前くらいから始めて、
「その成果はなんだろう」とふと考えた。

転職先が決まること。

それが成果なのだろうけど、
私にとっての転職活動は何か違う気がする。

新卒の就職活動は、
まだ自分が何をしたいのかもよく分からないし、
自分に何ができるのかも分からない。
一度も社会に出たことがないのだから当たり前。

だから、お給料など条件がよい会社や人気がある会社をねらう。
結局は皆が(特に両親が!)「いいね!」と
認めてくれるような会社を選んでいた気がする。
まるで親離れもできていない頃の話。

でも今は、
何がやりたいか、
何ができて何ができないか、
ある程度は分かってきた。

その中で転職を決めたから、
自分の中で条件ができている。

これは自分に向いているか、
これは自分がやりたい方向か、
一つ一つ考えて、前に進んでいく。

今の時代に、そんなにいい条件の転職なんてない。
30代の転職で、年収アップを達成するなんて、
宝くじに当たるより難しいらしい。

だから転職先を選ぶなんて贅沢な話なんだけど、
「転職する」って決めても、
本当に何がやりたくて何がやりたくないのか、
譲れない条件は何かが、
まだはっきりしていなかったように思う。

それが書類選考を出す中でも、
ここは出さなくていいやと思うものもあるし、
ここは受けたいけどスキルが足りないというものもある。

スキルが足りないところは、
今からでも補って自分の向かいたい方向へ行くしかない。

何を持っていて何が足りないか、
それをもって何をやりたいのか、
それをはっきりさせたことが、
私の転職活動の成果。

書類選考で落ちたものもあって、
面接なんてほとんど受けなかったけど、
一つ一つ企業を見ていくことによって、
自分のことがやっと分かってきた気がする。

それが分からなければ、
きっと転職活動の成功もないのかもしれない。

「転職するときには転職理由をよく考えて」
とよく言われるけど、そういうことなんだ。
転職するしないに関わらず、
いつも自分の軸を確認しないと、
いつの間にかずれているかもしれない。

時々は、転職活動もした方がよいかも、
ですね・・・。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると、とてもうれしいです。


テーマ : 就職・転職・起業
ジャンル : 就職・お仕事

2012-10-21

退職面談。

皆さま、こんばんは。
今日で週末も終わり。
また、明日からお仕事ですね。

そのお仕事も、私の場合あと3カ月。
何だか信じられません・・・。

今日は、退職を上司に伝えたときの面談の様子を
書きたいと思います。

私の上司、50代。あと数年で定年。
でもまあ、それなりに出世をして、
多分再雇用されるのかなぁ。

その上司。性格はとてもいい。
いつも楽しそうだし、怒鳴ったりしない。
人のことを悪く言ったりもしない。

さて、その上司に「退職」の意思を告げたところ、
「え?そうなの?なんで?」とかなり驚かれたらしく、
「転職先が決まって・・・」と言ったら、
「それはどこなの?うちよりいい条件なの?」という質問。

「ええ。まあ。」とお茶を濁そうとすると、
とても真剣な表情で、言われた。

「あのね。今あなたは、人生の大事な場面にたっているんだよ。
それが本当にやりたいことならとめないけど、
一時的な勢いで飛びだしちゃうと大変なことになる。」

「はい。」とりあえず、話を聞いていると、

「僕もね。ここまでの間に、2回くらいそういう時があった。
でも辞めないでここにいる。
だから、一番大切なのはタイミングだと思うんだ。」

「タイミング、ですね。」とさらに話を聞くと、

「そう。今後の見通しはたっているの?
僕には、あなたにとって今がそのタイミングなのかどうかは分からない。
今後の見通しはたっているの?」と聞かれる。

「はい。」と答えた。

その他にも、会社として考え直せないかとか、
もう少し長く残って欲しいとか、
などお話をいただいた。

私の上司は温かかった。
多分、彼は自分も起業したいという夢を持っていたから、
(その話は前に聞いたことがあった)
30代のうちにチャレンジしたいという私の気持ちが、
少しだけ分かったのだと思う。

会社に対する裏切り者みたいに言われるかとも覚悟していたけど、
「分かった。あなたの人生だから、後のことは気にしなくていい。」
と言っていただいた。

実は、人件費が一人分減ってかえって会社に喜ばれていたりして、
なんて自分で言いだしておきながら思ったりして。

でも、一歩踏み出してしまった。
もう後には引けないところまで来てしまったんだなと、
少しだけワクワクするような、怖いような気持ちになった。

退職までもう少し。
周りの反応とか、仕事のまわし方とかについては、
次回以降に書いていこうと思います。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると、とてもうれしいです。



テーマ : 就職・転職・起業
ジャンル : 就職・お仕事

2012-10-19

退職を伝えるタイミング。

皆さま、こんばんは。
今日も雨です。
雨の方が気持ちが静かになったりもしますが。

今日は退職の意思を会社に告げるときのことです。

会社を辞めようと思って、転職活動をしました。
そして、めでたく内定!
今より条件は落ちるけど、やりたいことに近づけるから。

でも一つ問題が・・・。
内定が出てしまうと、
通常はそれから長くても二カ月で、
新しい会社に移らなくてはいけません。

私が受けた会社も同じ。大手だからルールがあって、
内定から2ヶ月以内に入社しなければいけない。

でもそれって、9月末に内定で11月入社ってことで、
「来月末で会社辞めます!」とはさすがに言えない。

となると、9月末に退職の意思を伝えても、
早くて11月末。常識的には12月末までは辞められない。
現に9月の時点で11月までの予定は少しずつだけど入っている。

すぐに新しい人が来て引き継げるわけではないし、
転職のタイミングって難しい!!

で、結局、10月末退職は到底無理。
早くても区切りのよい12月末ってことになって、
やっぱり辞める3か月前には、
退職の意思を伝えなくてはいけないのね。

本当にやりたいことで、
今の会社の辞め方なんてどうでもいいって思えば、
内定出た瞬間に飛びこむのもありかもしれない。
現にそういう20代の若者が過去にはいた。

でも、そのあとの評判は最悪。
それでも本当にそれがやりたいならいいと思う。

私の場合、今の会社に10年以上いた。
たくさん仕事をやらせてもらって、育ててもらった。
今の会社が、イヤで辞めるわけではない。

辞めることについては、非難されるかもしれないけど、
最低限のことはやっていきたい。最後まで。

なんだか「お互いのために、別々の道を歩むことにしました。」
と離婚会見している芸能人みたいな心境?

結局、退職は12月末に。
内定出してくれた会社には、少しなら待ってもらえそう。
確実に担保される訳ではないけど、仕方がないと思う。

「退職します。」って言った瞬間に
「針のむしろ」かと思ったけど、
以外に何も変わらなかった。

今までどおり仕事もバリバリやらせてもらっている。
その点については、本当に感謝。
いい会社に入ったと思う。

でも今の会社で自分の未来が想像できないから、
辞める。次に進む。
そんなわがままが許される時代になってきたのかな。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると、とてもうれしいです。



2012-10-17

仕事をやめると決めたワケ。

皆さま、こんばんは。

突然ですが、私、会社を辞めることにしました。
別に会社の業績が悪くなってすぐにリストラということでもないのですが、
給料はカットされ始めたし、
30代のうちにある程度修行をしておかないと、
生き残れないと思ったから。

このまま定年までいけるのかどうかも分からないけど、
60の定年までいったとしても、
ほとんど出ない年金に不安になりつつ、
60からは同じ仕事でお給料半分どころか、
4分の1くらいのところで会社に居続けなくてはいけない。

そんな未来って、どうなんだろうか。

今から雇われなくてもいいような技術を身につけておけば、
60を過ぎても劇的に生活が変化することもないでしょう。
自分の人生を自分でコントロールできるように、
今から準備しておきたいと思ったのです。

そして、退職の意思を課長に告げた。
告げるタイミングもものすごく迷った。

あまり早いうちから、
周りの皆に知られてしまうのも、
残りの期間、仕事がやりにくいし、
あまりギリギリまで課長に言わないのも、
会社に迷惑がかかる。

こんなこと、そうあるものじゃないから、
当然緊張するけど、言わなきゃ前に進めない!

そこで、勇気を出して決意した。
どうやって切り出したかについては、また次回。
周りの反応も思ったようなものではなくて・・・。

本当に人生って一度きり。
このドキドキも、いつかいい思い出として、
笑って話せることが来るのかな。


にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると、とてもうれしいです。



テーマ : 就職・転職・起業
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

iyokan

Author:iyokan
フルタイム(不動産専門職)で働く既婚・子持ち40女。
いつもありがとうございます♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
人気記事
ブログパーツ
ブログ村30代OL


にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村
FC2カウンター
閲覧中♪
現在の閲覧者数:
F2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村30代OL
QR