2017-01-31

「夫の転勤についていく」という選択。

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

いつもコメントをいただき、
ありがとうございます。

相変わらず、
個別にレスができていなくて、
すみません・・・

できるだけ、
皆さまのブログにお邪魔します!

さて、
共働きが当たり前の世の中ですが、
「転勤」が問題になっているらしい。

「らしい」という言い方は、
おかしいですね。

考えてみれば、
当たり前の話だと思う。

同じ会社で、
夫が総合職、妻が事務職の場合。

夫が転勤になったら、
妻がついていく。

昔はこれが当たり前だった。

でも今は、
妻も働き続けるのが当たり前。

夫が転勤することで、
妻の働く機会や給料を奪うのは、
おかしいのではないか。

と、なるよね?

妻が総合職なら、
働くのは当たり前だし、
夫が単身赴任も当たり前。

これについて、
私はなんだかな~と思う。

私のまわりのキャリア女性は、
「夫が単身赴任も当たり前」
なんだけど、
私はかなり抵抗がある。

前の会社では管理職候補で、
転勤前提だったけど、
それもあって辞めてしまった。

子供を夫の転勤で、
どこかに連れていくのは、
大変なことだけど、
子育てはほんの10年か20年。

人生の中では、
短く貴重な期間のように思う。

年をとってから、
取りかえせることもあるけど、

「単身赴任」にしても、
「仕事を辞めてついていく」にしても、
会社の方針に従うことが、
本当にベストなんだろうか。

いろんな考えがあると思うけど、
私は「今」ベストな選択をしたいと思う。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。

スポンサーサイト

テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

2017-01-30

99%の会社はいらない

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

堀江貴文さんの
「99%の会社はいらない」を
読みました。

あの有名な、
「ほりえもん」です。

彼の本は、
よく本屋でみかけていたけど、
何となく読みそびれていて。

というか、
どこかに反感があったのかなぁ。

内容としては、
帯にも書いてあるとおり、

会社を休まない、
会社に遅刻しない、
毎週の会議、電話・・・

全部無駄なことだ、と。

リアルに会わなくても、
ネットで意思疎通は図れるし、
電話なんて、
人の時間を最も奪うツール。
信じがたい!

という感じ???

これからは、
「会社」という枠にとらわれずに、
好きなことをやってみたらいい。

昔とちがって、
SNSがこれだけ普及していれば、
普通の人にも十分チャンスはある。

ほとんどの人が、
「いい会社」に勤めることを、
未だに目標にする中で、
堀江さんは、
まったく違う方向を向いている。

内容は2時間程度で、
読破できてしまうような簡単なもの。

私たちのレベルに合うように、
分かりやすくきわめて軽いものに、
作り上げた本だ。

これに780円は、
ちょっと高いかな・・・

でも、
いろんな人の考えを学べるという意味では、
この値段でも安いんだろうな。

その人の講演会に行かなくても、
リアルに声を聴かなくても、
趣旨は伝わってくるからね。

今後日本の「会社」は、
勢いをなくしていく。

「個人」でもSNSを使いこなしていけば、
十分好きなことで暮らしていける。

「やりたいことができない」
なんて愚痴ってないで、
何でもやってみたらいい。

チャンスはどこにでも転がっている。

この本をポジティブな面だけで見れば、
そんなことを言っている。

でも、
これを見ているとね。

東京の最先端の、
独身で能力がある、
頭がいい人が行う理論だと感じる。

子育て、
ということが非効率過ぎて(笑)

料理をする、とか、
子供の話を聴く、とか
対外的には、
何も生産していないのに、
あっという間に時間は、
経ってしまう。

でも、
それが嫌じゃなくて、
自分で選んだことなら、
それは自分にとっては、
生産していることになる。

結局は、
いい会社に入って、
いいお給料をもらって、
とか、
他人からどう思われるか、
なんて、
関係ないんだろうなぁ。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。

テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

2017-01-29

スマホをもたないという選択

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

先日、
娘とその友達とカラオケに、
行ってきました。

小学生5人に保護者は私一人。
私は引率の役割でした。

いつもお世話になっているので、
できるときは、
お役に立てればという精神はあります・・・

今の小学生は、
かなりの確率で携帯を持っている。
しかもスマホ。

「無料だよ?」

と言うんだけど、
全部が無料なんだろうか???

スマホを持っている子たちは、
目の前でメアドの交換を始めた。

小学生の頃からスマホをもち、
子供部屋には、
当然のようにテレビとPCがあり、
という世の中になりました。

もしも、
この子たちが大きくなって、
この生活レベルを維持しようとしたら、
大変じゃないだろうか、
とふと思った。

携帯やPCなんて、
今やだれでも持っている。

今の小学生は、
欲しいものなんてほとんどない、
ように見える。

でもそのお金を稼ぎだすのは、
結構大変なんだよ???

自分たちが大人になったら、
難なくできるかなぁ。

今は結婚しない若者、
子供を産まない若者が、
普通になった。

その大きな要因は、
経済的なものらしい。

正社員に対して、
非正規社員は圧倒的に、
給与体系が悪く、
自分の身を守るので精一杯。

家族を持つなんて、
リスクでしかない。

でも・・・
皆スマホは持っている。

確かにお金がないと、
生活できないよ。

でもその生活の中には、
食事とか住居とか、
そういう根本的なもの以外に、
スマホとか、PCとか、旅行とか、
そういうものが含まれている。

楽しく暮らした方がいいよ。
人生一度きりなんだから。

でもね。

スマホやPCをもつために、
旅行に行くために、
お金がないから、
大好きな人と一緒になれない、
というのは、
すごく不幸だと思う。

今の子供たちは恵まれすぎている。

だから、
幸せになるために、
大人になったら、
我慢しなくちゃいけないものが、
多くなるんじゃないかな。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。

テーマ : 生きる
ジャンル : ライフ

2017-01-28

女を捨てた人

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

今日はいいお天気でした!
洗濯物がよく乾きますね(*^-^*)

「図書館内乱」(有川浩著)を
読みました。

あの有名な「図書館戦争」の2巻です。
読みやすくて、
中身もとてもおもしろかったんだけど、

後書きにあった、
有川浩さんと児玉清さんの対談が、
おもしろかった!

その中での有川さんの発言。

「今の社会では、
仕事をしている女性って、
女性らしいところを見せつけたら
つけ込まれるからと、
肩ひじ張って、
ジェンダーを振り捨ててるようなところが
あるじゃないですか。

それもちょっと、
無理しているよね、
っていうのは、
すごく思うんですよ」

まさにそうだな~。

「作法としての男性らしさ、
女性らしさというよりも、
心根としての男性らしさ、
女性らしさ。
そこを大事にしていけたらいいな、と」

と続く。

有川さん、さすがです。

確かに、
有川さんの小説の女の子は、
根本は女の子らしいし、
男性はかっこいい。

これだけ人気があるのは、
きっとみんながどこかで、
それを見て安心するから。

働くうえで「女性」は損で、
男性と同じように働くことが、
求められる社会で、
「女性」を出して働くのは、
ものすごく恥ずかしいし、
働きにくい。

でも自分の性別は、
どこまでいっても、
切り離せなくて、

どんなにバリバリ働いている人でも、
妊娠出産となると、
一度は大舞台から退く。

「昨日赤ちゃん産んだんだけどさ~」

と言って、
翌日なんでもなく、
復帰できたらいいのにね。

それに、
やっばり自分が産んだ子供は、
特別にかわいくて、
そこに「女性」性があるのかもしれない。

子供はかわいいけどね。

仕事は仕事だから、
子供のことを預けっぱなしでも、
私は私なりに愛しているの。

それもアリだと思うけど、
日本の社会では、
かなり風当たりが強いだろう。

そこまでして、
働き続ける自分って・・・

「女性」であるだけに、
いつも、
自分に問い続ける。

自然に働いていけたらいいのに、
無理しないと働けない。

それでも働くことをよし、
とされる。

難しい時代になったな、
と思います。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。

テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

2017-01-27

40女の週末の過ごし方。

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

今日は金曜日。
花金というヤツです。
(古い???)

私事ですが、明日は会社、
お休みできそうです♪

一週間で終わらせる仕事が、
ほぼ決まっていて、

それが終わらない場合には、
週末にもつれこむので、

週末が近づくと、
あとまだ一日あった!と
ほっとする反面、
あ〜もうくたびれた!
と思ったりもする。

個人的な感想ですが。

普段の週末は・・・

子供の習い事の発表会、
子供の学校の説明会、
子供の集まりの引率等々、
平日不在にしている分、
参加しなくてはいけない行事もあり、
休日の一日はこれに割かれます。

そしてもう一日は・・・
家事、休息、ができたら、
万々歳!

家事(ほんの少し)、
仕事(大半)、
みたいなことになります・・・

家事ができれば、
たまには手の込んだ料理も、
できるんだけど。

手の込んだというか、
煮込むとか、
時間がかかる料理、
という意味です。

レベルが低くてごめんなさい(笑)

子供がいる人が土日も仕事をする場合、
もしくは、
持ち帰って仕事をする場合って、
どうしているのかなぁ。

私の場合は、休日は、
朝、会社にものすごく早く行って夕方帰るか、
午後から行って深夜までがんばるか、
そうしないと、
子供との休日がなくなってしまうから。

でも早朝も深夜も、会社的には、
基本的に残業してはいけないんだよね。

平日の勤務時間内に仕事を終わらせるのが鉄則。
終わらない場合は、
平日に1〜2時間残業。

それでも終わらない場合は、
平日3〜4時間残業するか、
休日出勤するか。

子供が動く時間に働いていたら、
子供と一緒にいる時間がないから、
子供が寝ている深夜に働く。

実はそういうお母さんも、
たくさんいるんじゃないかな。

でも、
会社の制度では、
規則正しく働くことが求められている。

定時であがれる仕事であれば、
それもよいけど、
そうじゃない場合は、
どこに仕事を詰め込んだらいいんだろう。

子供と一緒にいる、
というのは、
今のサラリーマンには、
とても贅沢なことなのかもしれませんね。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。

テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

プロフィール

iyokan

Author:iyokan
フルタイム(不動産専門職)で働く既婚・子持ち40女。
いつもありがとうございます♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
人気記事
ブログパーツ
ブログ村30代OL


にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村
FC2カウンター
閲覧中♪
現在の閲覧者数:
F2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村30代OL
QR