2016-09-24

あなたは、子供を持たないの?

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

谷川俊太郎さんの詩集を読んでいたら、
中島みゆきさんが後書きにエッセイを
書かれていました。

「あなたは子供を持たないの?」

谷川さんにそう問われて、
中島さんはいろいろ考えるんだけど、
こんな風に答えを見つける。

「ええ、この世の中にもう一人
私みたいなのが存在してしまうなんて、
手に負えませんからね」

谷川さんは言う。

「あなた、それは子供に失礼です」

けっして声を荒げることはなく、
威圧も軽蔑も含まれていなくて、
あくまでも穏やかに。

「子供には、
その子なりの可能性がありますよ」

これを聞いて中島さんは思う。

『ああ、そうか、と私はその真水のシャワーが
優しく温かいシャワーであったことを感じていた。
この人にあえて良かった、と思った。』

私は子供を持っているけど、
子供を持っていない人に、
「あなたは子供を持たないの?」
なんて口が裂けても聞けない。

「子供がいてもいなくても、
人それぞれですから」

なんて分かったようなことを言って、
へらへら笑って、
苦手な会話は終わらせちゃう。

デリケートな問題だし、
他人の人生には踏み込まない。
自分が傷つきたくないから。

でも本当はね。
谷川さんの言うように、
子供はこの世界の可能性だ。

『子供(抜粋)  石垣りん

子供。
お前はいまちいさいのではない、
私から遠い距離にある
ということなのだ

目に近いお前の存在、
けれど何というはるかな姿だろう

視野というものを
もっと違った形で信じることが出来たならば
ちいさくうつるお前の姿から
私たちはもっとたくさんなことを
読み取るに違いない
頭は骨のために堅いのではなく
何か別のことで堅くなってしまった』

私は子供が苦手だった。

自分が生きることで精いっぱいだったし、
子供に優しくする自分なんて偽善だし、
子供好きをアピールする時点で、むしずが走る、
というような嫌な性格だった。

今思えば、私は子供が怖かった。
得体のしれない存在が。

さすがに今は違うけどね。

子供という存在を認めるまでに、
ゆうに20年はかかったわ。

だから、
『子供好きなんです~』
という若者が実は苦手。

未だにコンプレックスなのかもね(笑)

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 生きる
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おはよう

子どもを持つかどうかって家庭の事情もあるからねぇ~。
困ってしまいますよねぇ~。

No title

こんにちは!

子供に優しくする自分なんて偽善だし、
子供好きをアピールする時点で、むしずが走る、

これって、まるっきり私です。
子供キライ。
女性で子供がキライなんて口にすると
まるで『人でなし』のように思われる。
さすがに最近はそんなことないんだろうけど。

自分が生きてきた時代は
まだまだ女性はクリスマスケーキと呼ばれて
ちやほやされるのは24歳までで
25歳ともなると後がなく
26歳になれば見向きもされない時代だった。
そんな時代に子供キライな女性は有り得ない。

子供がいない人生を人が肯定しなくても
私は楽しかったし楽しんでいる。
産んだら産んだで楽しい人生かも知れないとも思う。
でも産まなかった人生も良かったよ。
人の白い眼を跳ね返す力さえあれば。

No title

ほっとけ このヤロー

で、一件落着ですね

No title

はじめまして。
その本私も持っています。
中島みゆきさんの答えはそのまま私の心情です。
こどもきらいというよりも、自分が嫌いなんです。
でも今考えるんですよ。
考えてみたら妊娠出産子育てを経験しないのは女の特権放棄したんじゃないか、もったいないことしたって。
次生まれ変わったらぐちゃぐちゃ考え込まないで
ぽこぽこ子ども産んで育てる肝っ玉母ちゃんみたいな女をやってみたい。
経験してない女の幻想なのかもしれませんけどね。


Re: おはよう よしおさま

コメントありがとうございます!
本当ですね。
みんなそれぞれの事情がありますよね~

Re:おばさん会社員 さま

コメントありがとうございます!

私はずっと、
子供とほとんど接したこともないのに、
どうして子供が好きだと言えるんだろうと不思議でした。

それくらい子供の考えていることや行動は理解できなくて、
赤ちゃんを抱っこして、
「かわいい!」なんて言っている女の子の気持ちが、
よく分からなかったし、
子供に興味もなかったんですよね。

だから自分がたまたま子供をもたなければ、
たぶんそのままだったと思う。

子供が身近にいないのに、
「女はみんな子供好き」「子供好きじゃない女はモテない」
みたいなレッテルをはるのはやめてほしいです。

子供を産んでよかったと思うし、
子供をもつことによって得るものも大きいけれど、
今の世の中では、
まだまだ犠牲にするものは大きいです。

ちゃんと働きたいと思ったら、
やっぱり子供の負担は大きい。

会社員の生活時間に合わせて、
保育園が預かってくれるわけでもないし、
そもそも待機児童が多すぎて、
保育園に入れるかどうかも分からない。

そんな女性の不安をまったく考えずに、
「女は子供好きだ」とか「子供を産んで一人前」
みたいな世の中はやっぱりおかしいです。

子供を産むのは女性でも、
育てるのは男性でもいいのに、
まだまだそこまではならないようですしね。

産まないという人生の選択も、
もっと認めてほしい、と私も思います。

Re: hhhkkk さま

コメントありがとうございます!

一言で、スッキリですね(*^-^*)

Re: どらこ さま

コメントありがとうございます!

まさか、あの本をお持ちとは?!すごい。

女の特権ですか~。
ある意味、そうかもしれません。

私なんか今まで何やってたんだろうと思うことも多いけど、
とりあえず子供を産んでいると、
とりあえず命は残したから許されるかみたいな甘えがあったり。

本当は関係ないんでしょうけど、
自分に自信がないからそんなことを思ってしまうのかもしれません。

子供を産むのは女性しかできないけど、
育てるのは男性でもできるはずなのに、
子供をもつともたないで、こんなに影響を受けるのは女性だけ、
なんてちょっと変な気がします。

考えさせられる記事

ブルキナファソ在住、和さんです。
結婚、仕事、出産、考えさせられる記事でした。

Re: 考えさせられる記事 和さん

こんにちは!
コメントありがとうございます。
結婚、仕事、生きていくのは、大変です。
ブルキナファソで暮らすのも楽しそうですね。
プロフィール

iyokan

Author:iyokan
フルタイム(不動産専門職)で働く既婚・子持ち40女。
いつもありがとうございます♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
人気記事
ブログパーツ
ブログ村30代OL


にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村
FC2カウンター
閲覧中♪
現在の閲覧者数:
F2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村30代OL
QR