2016-12-09

「普通の生活」を必死に守る。

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

「普通の生活」を必死に守る

ネットサーフィンをしていて見つけた、
元水泳選手岩崎恭子さんのお母様の言葉です。

岩崎恭子さんが、オリンピックで、
日本人最年少金メダリストになってから、
「普通の生活」を守るのが、
何よりも大変だったことから、
この言葉が出てきたのだと思います。

実は私。

この言葉を見ただけで、
泣きそうになりました。

まさに今の私の気持ちを、
代弁してくれていたから。

私の子どもは、
岩崎恭子さんみたいに、
ぬきんでた才能があるわけじゃないし、
私は岩崎恭子さんのお母様みたいに、
ちゃんと子育てをしているわけではありません。

いつも仕事で子どもはほったらかしで、
勉強を見てあげることもほとんどない。

それでも、
「普通の生活」を守りたいと思っています。

普通に家族でご飯を食べて、
普通に教育を受けさせて、
普通に友達と遊ばせて。

すごくたくさんお金がなくてもいいの。
大きな家に住んでいなくてもいいの。

でも家族一緒に悩んでケンカして、
いいときも悪いときも、
一緒にごはんを食べて、
子どもが独立するまでの時間を、
普通に大切にしたい。

この「普通の生活」がとても難しいのです。

朝は学校に行くまでの時間、
かなりバタバタです。

朝食には、
ご飯と簡単なおかずにお味噌汁。
しっかり食べさせる。
今日学校でやることの話を、
なんとなく聞く。

そして自分は会社へ向かう。

帰ってきたらもう夜。

夕食の時間は大切にしたいから、
朝からできることは仕込んでおく。

夕食の時間には、
今日学校であったことの話をしたり、
会社であったことの話をしたり。

でも圧倒的に時間が足りません!

帰ってくる時間が遅すぎるっ。

でもね。
普通に東京まで仕事に出て、
19時くらいまで仕事をすると、
あっという間に帰宅は20時過ぎてしまう。

毎日定時にあがっても、
19時半です。

我が家の子どもは、
遅くても21時には就寝します。

そうしないと、
次の日に起きられないし、
本当につらい。

だから、
ちょっと気を抜いて残業をすると、
主人にすべてを見てもらうことになり、
子どもに会えない・・・

そんな中で「普通の生活」をしようと思っても、
かなり無理がある。

でも私は、
会社ですごい人になるよりも、
「普通の生活」がしたい。

だから、
「普通の生活」を必死に守る。

子どもが普通の感覚で、
普通に笑っているだけで、
まだ大丈夫だ、と思う。

「普通の生活」は守られている。
まっすぐ育っている。

毎日毎日、
びくびくしながら、
確認作業をしている。

最近は、
お金のことも時間のことも、
いろいろあって、
「普通の生活」が難しくなってきていますね。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

私は随分長いこと単身赴任です。
とはいえ、毎週末には帰宅していますが。

毎週帰宅できることは、単身赴任としては恵まれているとおもいますが、それでも子どもたちの成長の記憶は断片的になってしまいます。

二度と得ることのない時間を、日々給与のために失っています。
しかし、それは生活を守るために選択したことです。

家族が夕食をともにするという、普通の時間を得ることがこんなに難しいなんて。

すみません、人様のブログで愚痴ってしまいました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

普通の生活ほどありがたいものはありません。特に健康であることの有り難さ、しみじみ感じています。好きなものを食べ、好きなところに、行き好きなことをすることの難しさをこの歳になって感じています。当たり前の生活の基本は健康です。若い時から、ちょっと気をつけるだけでずいぶん違います。ストレスをためずに頑張ってください。 

No title

こんにちは・・・

これが普通と思っていたことが
だんだん普通ではなくなってくる・・
そんな時が人生には あるようです・・

いよかんさん この辺で少しお休みを取ったら
いかがですか・・心が疲れてきているのが
感じられます。休んでも大丈夫ですよ・・
無責任な言い方と感じたらごめんなさい・・
ただ 休みの期間は 自分でできる範囲で良いと思うし
いよかんさんの 実力を持って対処すれば仕事は逃げていかないと思います・・  

Re: アン様

こんにちは!コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってしまってすみません。

確かに心が疲れてきているのかも。
「休んでも大丈夫」と言っていただけると、
不安から解放される気がします。

でも目標まで、もうちょっとだけ、
がんばらせてください。
「次に行くとき」というのが、
すぐそこまで来ている気がします。

いつも応援ありがとうございます。


プロフィール

iyokan

Author:iyokan
フルタイム(不動産専門職)で働く既婚・子持ち40女。
いつもありがとうございます♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
人気記事
ブログパーツ
ブログ村30代OL


にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村
FC2カウンター
閲覧中♪
現在の閲覧者数:
F2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村30代OL
QR