2016-12-16

仕事を辞めたあとに残るもの。

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

いつもコメントを
ありがとうございます。
返信に手がまわっていなくて、
本当にごめんなさい!!

先日、テレビを観ていたら、
福祉介護の施設を運営している
40代社長さんが出ていました。

彼は若くして福祉介護の世界に
入ったんだけど、
施設のお年寄りのために、
ああしたらどうか、
こうしたらどうか、
と考えて上司に提案した。

返ってきた答えは・・・

「きりがないからやめろ!」

それを聞いて、
彼は自分で施設を運営しようと、
思ったのだとか。

それがもう10年以上前。

10年前の介護福祉の世界は、
今よりももっと遅れていたし、
今みたいに個人を尊重する世界ではなかった。

それでもね。
人が最後まで快適に生きるには、
どうしたらいいか、
と彼は考えたのよね。

人は楽しいことをしていると、
ボケない。
自分が得意なことは、
年をとっても体が覚えている。

毎日していた料理とか、
お裁縫とかね。

私達の世代は、
家のことはそこまでやっていないから、
年をとったらできることって、
何だろう。

不動産は大好きだけど、
その知識はみがき続けなければならないもので、
体が覚えているものとは違う気がする。

もしかして、
片手間にでも毎日している料理、
かなぁ。

人の体と心の記憶は、
人が思ったよりも深く浸透して、
表面的には痴呆になっているように見えても、
心の芯の部分はまったくボケないで、
死ぬまでピンと張りつめているのかも、
しれない。

そう考えると、
元気でいる今、
心に体に、
何を浸透させるのかが重要なのかも。

そんなこと考えたところで、
結局好きなことしか残らないんだろうな。

不思議なものですね。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

身体が覚えているということ

テーマとは違いますが・・・。

私が車の免許を取った頃は、
オートマチック車というものがまだありませんでした。
当然、マニュアル車で免許を取りました。
最近の若い子には、マニュアル車が運転できると言うと
オタクに思われます(^◇^)
それは余談ですが。

最近はマニュアル車があまり出回っていないので
運転することがありません。
しかし、マニュアル車を運転していた時代が10年以上あるので
たとえ急に運転しろと言われても
最初の5分くらいは戸惑いますが
すぐに感は戻ります。
しかし、これがマニュアル車の運転経験が3ヵ月程度だとそうはいきません。
もう運転できません状態です。
忘れてしまっています。

身体が覚えているということは
こういうことなのかなと思います。
もちろん好き嫌いもあるでしょうが。
毎日何年も行っていたことは
たとえ10年以上経っても
またその場に置かれると
不思議とできるものですね。
プロフィール

iyokan

Author:iyokan
フルタイム(不動産専門職)で働く既婚・子持ち40女。
いつもありがとうございます♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
人気記事
ブログパーツ
ブログ村30代OL


にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村
FC2カウンター
閲覧中♪
現在の閲覧者数:
F2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村30代OL
QR