2017-01-09

「ビリギャル」の批判。

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

「ビリギャル」映画を観ました。
ちょっと前に録画したものです。

感想は・・・
おもしろかった!!

偏差値30でも、
慶応大学に入れるなら、
私でもいけるかも、
と思わせる。

あれだけヒットしたのも、
うなずけます。

でも、ちょっと待てよ。

「ビリギャル」みたいな高校生は、
たぶん他にもいると思う。
有名になっていないだけで。

これは実話みたいだけど、
誰がこの話を、
これだけ流行らせたんだろう。

ネット検索をしてみた。

著者は、
ビリギャルを慶応大学合格に
導いた塾の先生。

確かに、
映画の語り手は塾の先生だけど、
結局、塾の宣伝なの???

あれだけヒットして、
注目されたからこそ、
批判もそれなりにある。

高校二年生から、
本気で勉強をすれば、
よほど問題がなければ、
慶応に受かるかもしれない。

人間の能力なんて、
そもそもあまり変わらなくて、
本気でやるかどうかの差は、
ものすごく大きい。

高校二年生から、
受験科目を絞って、
寝ないで勉強したら、
できない話じゃないと思うよ。

日本の受験生なんて、
生活にも困っていないし、
やりたいことがあって、
大学に行くわけでもない。

つまり受験に失敗したって、
どうってことない。

そんな高校生の中で、
本気で勉強したら、
かなり勝算がある。

しかも、
映画のビリギャルは、
中高大一貫の私立に通っていた。

中学受験に成功しているということは、
たぶん経済的にも知能的にも問題がない。

だから、「ビリギャル」は、
もともと恵まれた資質があった上に、
高校二年生から必死で勉強をしたから、
受かったんだよ。

そんな種明かしがある。

でもね。

それがなんだって言うんだろう。

別にいいじゃない。
彼女のベースが、
もともと恵まれていたとしても。

そこから脱落していく人は、
たくさんいる。

いくらベースが恵まれていても、
一度踏み外したら、
戻っていくのはとても大変なことなの。

皆分かっているはず。

だから彼女の努力のストーリーが、
これだけ話題をよんだのです。

本気で願って、
本気で行動すれば、
想いはかなう。

そんな夢をみさせてくれる映画。

種明かしがあったとしても、
私はいいと思います。

でもひとつだけ、
気になったこと。

慶応大学に行ったからと言って、
なんなんだろう・・・

慶応大学に行くことは、
人生の目的ではない。

人生の目的が分からないから、
いい大学に行って、
知識を増やすのかもしれないけど、
「人生の目的を探す」ことの方が、
もっと難しいよ?

受験であれだけがんばれたんだから、
それが自信になって、
やりたいことにも挑戦できる。
自信がもてる。

それは事実だろうけど、
「受験」という方法しか、
世の中を見返す方法はないのかな。

この国には、
根本的な問題があるような気もします・・・

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

iyokan

Author:iyokan
フルタイム(不動産専門職)で働く既婚・子持ち40女。
いつもありがとうございます♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
人気記事
ブログパーツ
ブログ村30代OL


にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村
FC2カウンター
閲覧中♪
現在の閲覧者数:
F2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村30代OL
QR