2017-02-08

「やりがい搾取」は許される?

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

先日、
逃げ恥の「やりがい搾取」について、
記事を書きました。

「やりがいがあるからって、
無償で労働を供給しろというのは、
やりがい搾取です!」

私みたいに残業が多い人間は、
まったくだ!と思ったりもするのですが、

あ、残業代ちゃんともらっているので、
全然違いますね(笑)

すみません・・

これって、時代の変化ですね。

先日、
大企業の管理職の方にきいた話。

「過労死が問題になってから、
長時間労働が問題になって、
管理職としてもやりにくいよ」

どうしてですか?
大変失礼ながら、
残業するのが当たり前の会社だから?

「いや、研究職なんかは、
勉強のために文献を調べたり、
過去の実験データを観たり、
それを時間外にやるでしょう?

それを全部、
残業につけられていたら、
あっという間に
既定の残業時間を
超えてしまうんですよ」

なるほど~。

「昔は自分のための勉強は、
時間をおしまずにやったものだったし、
それを全部労働時間にされてしまうと、
やりにくくて・・・」

確かにね。

今は昔よりも、
ずっと忙しくなっていることも
あるでしょうが、
研究職なんかは特にそうですよね。

研究職の残業については、
見直される話もあるみたいですが、
新人についても同じかなと思う。

最初から仕事ができるわけではない。
だから時間をとって勉強する。

その勉強の時間までもが、
残業になると、
仕事ができないから残業になってしまうし、
かといって、
目の前の仕事で手一杯で、
勉強をする時間はないし、
みたいになって、
人は全然育たない。

もちろん、
仕事の勉強なんだから、
報酬を払うのは当然だし、
仕事も勉強も時間内にこなして、
スマートに帰るのがベストなんだけど、
普通の業務量だと、
時間内には終わらない。

だから時間内に全部収めたいなら、
業務を6、7割にしないと、
という話になる。

これって、
日本の発展になるのだろうか。

「ゆとり教育」と同じじゃないかな。

今までの日本人は、
ツラい思いをして、
信じられない高度成長をとげた。

それと同じレベルのものを今求めたら、
それはやっぱり過剰労働になるのではないか。

もし仕事もプライベートも、
バランスをとってそこそこに、
というなら、
今のような日本の経済成長は
あきらめた方がいい。

非正規は安い給料で使いたたかれ、
正社員は残業でボロボロになり、
それでなんとか、
今の経済を保っている。

そして残業もダメで、
残業代もつかなくなって、
仕事はどうなるんだろう?

無駄なものがなくなればいいよ。

でも会社でできないから、
家に持ち帰って、
こっそり業務処理とか、
朝早く来て残業代つけられないとか、
そんな風になるなら本末転倒だ。

早く帰る!
決めるのは簡単だけど、
早く帰るためのスケジュールを、
会社で組んでしめしたうえで、
残業禁止にしないと意味がない。

残業禁止なので、
終わりませんでした!とか、
まだまだ言えない日本の社会では、
根本を変えない限り、
何も変わらない。

これでは子供も増えないし、
女性も働けないし、
生活保護も増えるし、
どうしようもないよな~と、
思うのです。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは

やりがい搾取・・・どうなんだろうねぇ~。
労働力だけで使われてお金が発生しないってのは無理がありますよねぇ(>Д<)
プロフィール

iyokan

Author:iyokan
フルタイム(不動産専門職)で働く既婚・子持ち40女。
いつもありがとうございます♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
人気記事
ブログパーツ
ブログ村30代OL


にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村
FC2カウンター
閲覧中♪
現在の閲覧者数:
F2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村30代OL
QR