2017-03-22

それは本当ですか?

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

いつもコメントをいただき、
ありがとうございます。
いつもご意見を楽しみにしております。

できるだけ、
皆さまのブログにお邪魔して、
お返ししたいと思っておりますが・・・

お許しくださいっ(+o+)

小学校の卒業式に、
参加しました。

最近の卒業式。
昔と少しちがうような。

まずは、
卒業生代表の言葉がない!

「別れの言葉」と言われて、
何が始まるかと思えば、
全員が整列した状態で、
一言ずつ言葉をつなげる。

なんだか朗読劇みた~い。

そして、「蛍の光」もない。

「別れの歌」は他に歌うんだけど、
「蛍の光」ではないのね・・・

そして、もうひとつ。

ちがうな~と思ったこと。

「僕たち、私たちは、
夢にむかって羽ばたきます!」

とか言わされちゃうこと。

卒業制作で、
自分の夢に関する
「ドリームマップ」を作り、
それについて発表した卒業生。

それがいかにも、
自分の「夢」です、
となっているけど、
本当にそうなの?

小学校のうちから、
はっきりした「夢」をもつなんて、
結構難しいよ?

3ヶ月前に書いた「夢」なんて、
今はちがっているかも。

「夢」を考える、
「夢」を語ることは、
いいと思うけど、
「夢にむかって羽ばたきます!」
とまで言われてしまうと、
どーなの?

無理くり考え出した
「夢」に向かって、
羽ばたいちゃうの?

本当???

「夢」はね。

無理くり考えるものじゃない。
いいときも悪いときも、
あきらめずに、
やりたいことを続けていたその先に、
見えてくるものなんじゃないかしら。

エラそうにいえる立場、
でもないけどね。

教室にはりだしてあった言葉で、
印象に残ったもの。

「努力したからといって、
必ず成功するとは限らない。
でも成功した人は必ず努力している」

これは、まさにそうだと思う。

努力したからといって、
必ずうまくいく保障なんてない。

それでもあきらめずに続けたその先に、
やっと夢が見えてくるはず。

あきらめずに続けるには、
それだけの想いが必要で、
簡単に「僕たちの夢」なんて、
決められるものではないよ~

と思いました。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

夢って変るもの!(^o^)

でございましょうネ??(^O^)
 コチトラ何ぞは小さいころは路面電車の運転手になりたかったけど、中学生のころは無線通信士になる夢になりまして、高校の時は無線技術者になりたくって電子工学科に進みましたが、そこでコンピュータの授業を受けましたら無線より面白いことが判りまして、90度進路変更して結局コンピュータのシステムエンジニアーみたいのになっちゃいました!!!(*^O^*)
 波乱万丈が沢山ありましたけど、いつも好きな道を追いかけましたので何とかしのぐことができた様な気が致しますので、自分が本当に好きな道は何なのかを自覚することが重要かもかもかも????\(*^O^*)/

No title

そうなんですねもう何十年もそうした場所に行ったことがないのでわからないのですが、蛍の光、いいと思うんですけどね、あの曲を聴いただけでなんか厳粛な感じが今でもします。
プロフィール

iyokan

Author:iyokan
フルタイム(不動産専門職)で働く既婚・子持ち40女。
いつもありがとうございます♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
人気記事
ブログパーツ
ブログ村30代OL


にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村
FC2カウンター
閲覧中♪
現在の閲覧者数:
F2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村30代OL
QR