2017-03-29

誰も語らない。在宅の不利益。

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

最近「働き方」改革で、
大企業でも
「テレワーク」とか「在宅」が、
取り入れられるようになりましたね。

通勤時間は、
はっきり言ってムダだし、
在宅とかテレワークは、
とても効率的です。

と思う一方で、
まだまだ、
そんな自由な働き方は、
浸透しないな~とも思う。

「在宅」の場合、
今まで会社に普通に通っていた人が、
介護や子育てのために、
「在宅」という制度が利用できる。

というものが多い。

管理職は、
原則として週に1日は在宅、
という無茶ぶりの会社もあるけどね。

在宅の制度が整っていればいいのよ。
スカイプもテレビ会議も、
何の抵抗もなくコミュニケーションがとれれば、
業務効率はあがる。

でも、
「在宅」というのが、
「育児時短」や「介護時短」の延長で、
特殊な状況にある人が利用する制度、
とされていて、
会社の人たちがその状況に慣れていないと、
まったく使いにくい制度になってしまう。

この間の日経新聞では、
「在宅」している女性が、
インタビューに答えていて、

「細かいスケジュールをすべて決めて、
上司や部内の同僚に伝えて、
仕事をやりやすくしています。
離席するときも必ず連絡をします」

とか言っていたけど、
結構息苦しそう。

そもそも同一労働、同一賃金なら、
逐一報告しなくても、
同一労働を提供して、期限を守れば、
それでいいんじゃないか?

それに、
週に1日在宅の場合。

「在宅」の日はいいのよ。
細かく管理されていても、
会社に行く分の時間がうくし、
やることの段取りも、
すべて決まっているから。

ただね。
その前日が大変。

「在宅」をするための準備。
忙しくなければ、
普通に時間内にできるけど、
悪くすると「在宅」準備のための残業、
みたいになる。

普通の在宅は、
情報セキュリティのために、
印刷もできないし、
情報へのアクセスもある程度制限される。

コピーやPDF読み込みも、
郵便も使えない。

となると、
会社に行った日にすべてやっておかないと、
翌日はまったく動けない。

「「在宅」の人はいいよな~
サボってんじゃないの?」
と言われるけど、
サボれるほど暇な在宅だったら、
本当に最高だと思う。

私の知り合いは、
上司が在宅の部下の業務量を把握できず、
異常な量の仕事を投げてくるとか、
「在宅」を選択すると、
給料が一部カットされるとか、
いろいろ不利益な話もある。

不利益はあっても、
「在宅」のメリットは大きいから、
誰も何も言わない。

せっかくいい制度なんだから、
不利益はちゃんと言って、
改善されないといけない。

でも「在宅」が、
「弱者のための制度」
とされているのであれば、
弱者は「在宅」をやめさせられる恐れがあるから、
余計なことは言わない。

ちゃんと声をあげないと、
変わっていかないのにね。

マスコミはいいところだけ、
とりあげる。

自由な働き方は広まってほしいけど、
弱者のためでなく、
みんなのために平等にあってほしいです。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

在宅

42年間働いた後、残務整理??のため週一の出勤と在宅と云うアルバイト生活を続け3年目に入ります。
セキュリティがキツイ親会社のネットワークにねじ込むのも一苦労。
結局顔を見ながら話をしないと、意思疎通を図るのがタイヘン。
直接ネットワークで書類をプリントアウトしてもプッツンするだけ。
メールに添付ファイルを付けて、プリントを依頼するのが関の山。
ホント、行政側やマスコミは、美味しい処だけ見せているだけ。
忙しい時は、連日出勤しなけりゃ間に合いませんからね。
ああ、明日は金曜日なので週一の出勤日。
忙しい事でしょうよ、きっと。

No title

在宅、と言っても向き不向きの職種がありますよね。
SEとかであれば、○○のシステムを○日で作るということで、在宅も可能だけど、事務であれば、会社でないとできなかったり。

なので職種によると思います。
会社でやるほうが効率のよい職種を無理やり在宅にしようとするから無理が出る気がします。

在宅以外にも、時短とかフレックスタイムとかいろんなやり方があると思う。どれもなかなか、浸透しないですよねぇ。。。

今の会社はそれなりに大企業で、ダイバーシティ化とか目標は大きく掲げてるけど、会社がやってることってまだまだイマイチだなと、外から来た私には感じます。以前はかなり自由な雰囲気の中小企業に勤めていた私にとっては。
プロフィール

iyokan

Author:iyokan
フルタイム(不動産専門職)で働く既婚・子持ち40女。
いつもありがとうございます♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
人気記事
ブログパーツ
ブログ村30代OL


にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村
FC2カウンター
閲覧中♪
現在の閲覧者数:
F2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村30代OL
QR