2017-05-05

子供がいない人。

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

いよいよゴールデンウィークも、
後半に差し掛かりました。

皆さま、
満喫されていますか~?

先日、
会社の40代後半の既婚男性と、
話す機会がありました。

彼は結婚が遅くて、
子供がいません。

とても優秀なのに、
非正規だということも、
あるとは思いますが。

その彼の話。

「少子高齢化とか騒いでいるけど、
結婚して子供ができることが大前提というのは、
どうかと思います。

子供を産まない人が増えているのは事実だし、
そういう社会になっているんだし、
それを受け入れて、
社会をどうするか考えればいいんじゃないかと
思いますけどね」

なるほどですね。

確かに子供はかわいいし、
いればいたでいいけど、
働くにはハンデだし、
一緒に子供を育てたい!という、
パートナーに出会わないこともある。

非正規の人が多い今の日本で、
子供を産むことは、
悲しいことに
「自分が生きていくリスク」とも、
とらえられている。

子供ができない体質の人もいる。

それなら、もう、
子供は増えないと思って、
政策を考えた方がいいんじゃないか。

一理あるな。

でも、
これだけ子供を産みづらい世の中で、
「子供がいなくても、よくない?」
となってしまったら、
ますます子供が産みづらくなるんだろうな。

それだけが心配。

「子供を産みましょう!」
という流れになっているにも関わらず、
一部を除き、出生率が上がらないのは、
やっぱり育てにくいからだと思う。

子供は増えない、少子高齢化、
という事実を受け止めたうえで、
やっぱり子供を産みやすい社会に
なってほしいと思う。

そうでなければ、
ちょっと寂しいです。

子供を産まない人、
いない人を否定するつもりもないし、
その気持ちもよく分かる。

だってキツイもの。

子供を得る代わりに、
犠牲にするものもたくさんある、
かもしれない。

それを犠牲と思うかどうかは、
別としてね。

だけど、
「子供増えないのは仕方ないよね」
とあきらめてしまうのは、
嫌なんです。

産みたい人は産める、
という社会にはなって欲しいと思います。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

いつもありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 生きる
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

いよかんさん、こんばんわ。
GW後半です...って、いよかんさんお休みだったのかな?
何か「子供を増やす」とか話していること自体がヘンだと思いますね。
現実は「余裕がない、お金も無い、仕事が制限される等々」あるのは承知ですが、男と女が家庭を持ては子供は理屈抜きで作る・・・
昔はそうだったんですよね、お金があるとか、無いとか考えてから子供を産んだわけではなかったのですから。
でも今は、先に理屈が出てきます。産めない、産まない理由が。
身体的に無理があるとか様々な事情を持つ人は別として。
保育所問題とかも含めて、何か話していることが違うように思えてくるのです。何年も少子化対策とか言ってますが、ちっとも改善していない。
政治も元々本気で取り組む気があるのか、と思っちゃいますね。
皆んなが、「誰かのせい、何かのせい」にして、出来ない出来ないって言っているように見えてしまいます。
・・・個人的な思いだけです。長々と・・・m(_ _)m・

No title

こんにちは!

もともと年金対策なんでしょ?
人間増やさなくてはならない理由は。

んでもって、今働き方改革とか言っているのも
働いてうちに帰って寝るだけの人生になっているので
消費するお金の余裕だけでなく
余暇を楽しむ心の余裕もないことが
ようやくわかってきたからでしょ?
庶民感覚にかけ離れた偉い人達の頭に
理解が及んだんでしょ?

余暇を楽しむ余裕が無ければ
当然子作り作業しようという気力も
当然起きないから。

全部年金対策ということだと
私は理解しています。

今賞賛されている
ゼクシーのキャッチコピーに
結婚しなくても幸せになれるこの時代に
私はあなたと一緒にいたいんです。
というのがありますが
今は結婚しない生き方も
肯定されています。

生きていくために必要なお金に
現実的な感覚を持っている
多くのまっとうな感覚の女性達に
子供を持つ幸せを求めようという気持ちにさせる
対策を講じないと
子供は増えないと思いますね。

Re: 野付ウシ さま

こんばんは!コメントありがとうございます。
GWは、少しだけ仕事をしました。
皆が休んでいるうちに貯金を作っておいた方が、
あとが楽なので(*^-^*)
ご心配、ありがとうございます。

『「子供を増やす」とか話していること自体がヘンだと思いますね。』

とおっしゃる気持ち、よく分かります。
結婚したら子供、が普通だったのに、
今の人たちはワガママに贅沢に生きることに慣れているから、
ライフスタイルは簡単には変えられないのです・・・

子供を産んでみると、
『 お金があるとか、無いとか考えてから子供を産んだわけではなかったのですから。』
とおっしゃるのがよく分かります。
とりあえず、産んでみたらなんとかなるし、
産んでみたら思ったよりもずっといいことあるよ、と言いたい。

でも現実問題として、
夫婦共働き又は生活費ギリギリの今の生活があるわけで、
これを乗り越えてまで子供を産むメリットって???
という気持ちもすごく分かる。

自分たちのことで精いっぱいなのに、
これで子供なんて無理~って、考えてしまう。

産んだら仕事をどうしよう、続けられるかなとか、
保育園預けられなかったらどうしようとか、
不安ばっかり先にたってしまって、
どうしようもない。

たぶん私たちの世代は、
女性も一生懸命勉強をして、男性と同じように教育を受けて、
男性と同じように働くことができて、
それなのに子供を産んでライフスタイルを「子持ち女」に変える、
というのがとても難しいのだと思います。

『保育所問題とかも含めて、何か話していることが違う』
というのは、私もそう思います。

保育園問題など、制度が整っていないことも、
公共交通機関が子連れにはめちゃくちゃ厳しいことも含めて、
「子供を産んだらこんな風に楽しいよ」というのが、
まるで見えてこないから、
子供を産む幸せな自分が想像できないのだと思う。

日本人全体の意識というか、教育というか、
そういう根本的な問題だと思います。

働かない、稼がない人は、
価値を生み出さない人という感覚とか、
大企業のエリートでお給料いっぱいもらっている人がエライ、
という感覚とか、
たぶん違うと思うのですが。

自分の芯をもって凛と生きられれば、
人は美しい。
お金があってもなくても。

きれいごとかもしれないけど、
そういう価値観がもう少し広まれば、
子供を産む人も増えるのかもしれませんね。

Re: おばさん会社員様

コメントありがとうございます!

> もともと年金対策なんでしょ?
> 人間増やさなくてはならない理由は。

そうそう、国の都合で子供を産むわけではないです。

>
> んでもって、今働き方改革とか言っているのも
> 働いてうちに帰って寝るだけの人生になっているので
> 消費するお金の余裕だけでなく
> 余暇を楽しむ心の余裕もないことが
> ようやくわかってきたからでしょ?

そうそう、
この余裕のなさ、分かってもらえないかな。

「共働きだから、お金に困らないでしょ?
多少大変でも仕方ないよね」
みたいによく言われるけど、
「多少大変」というレベルではないです!

そういう人に限って、
奥様が完璧な専業主婦で、
カップ麺も作ったことがない!という人です。

フルタイムなら、「子育て」どころか、
「家事」さえ難しい。

だから「家事は外注」の時代になるんだと思う。

これで普通に「子供も産んでください」って、
どんな政策でしょうか???

子供を産んだらいいこともありますよ。

でもね。

>多くのまっとうな感覚の女性達に
>子供を持つ幸せを求めようという気持ちにさせる
>対策を講じないと
>子供は増えないと思いますね。

おっしゃるとおり、
「子供をもつ幸せ」というのが、
今の日本では見えてこないの。

経済的にも社会的にも、
子供を産むとすべてやりにくくなる。

失うものばかりが目に入ってしまう。

子連れでただ電車に乗るだけでも、
大変なストレスですから。

政策も大切だけど、
根本的なものを変えていかないと、
子供は増えない、ですよね・・・
プロフィール

iyokan

Author:iyokan
フルタイム(不動産専門職)で働く既婚・子持ち40女。
いつもありがとうございます♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
人気記事
ブログパーツ
ブログ村30代OL


にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村
FC2カウンター
閲覧中♪
現在の閲覧者数:
F2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村30代OL
QR