2009-04-01

忘れられない過去

由美はもともと内向的な性格だった。
小学校3年生で転校した時もなかなか馴染めなかった。
そんな由美にも優しくしてくれた男の子がいた。
彼は学級委員をするくらい正義感の強い男の子だった。

遠足でのグループ決めをするときに、
「好きな人同士で5人グループをつくってください。」
と言われたが、由美にはまだ仲よしの友達はいない。

由美が困ってもじもじしているとその男の子が、
先生に言ってくれた。
「青山さんは転校してきたばっかりだから、
まだグループつくれないと思います。」

その他にも美術室や音楽室の場所が分からなくて困っていると、
連れて行ってくれたり、ノートをみせてくれたり、
優しくしてくれた。

今思えば、由美の初恋だったのかもしれない。

でもそろそろ男の子と女の子の別がはっきりしてくる年頃だ。
あるとき、その男の子は大勢の男子に囲まれてからかわれていた。

「おまえ、青山のこと好きなの?好きなんだろう~。」


由美はちょうどトイレから教室にもどってくるところだった。
みんな由美がいないと思っていたのだろう。

「おれは学級委員だから嫌々やってるだけだよ。
でなきゃ、なんであんなデブ。」

由美は教室の手前で凍りついた。
そして、教室には入れず引き返した。
聞いていたことがばれないようにしなければならない。

その後の小学校生活は、
できるだけ目立たないように、
できるだけ男子とは口をきかないようにして過ごした。
小学校の記憶は、ほとんどない。

どんなクラスメートがいたのか、
どんな行事があったのか、
今では、もやがかかったように思い出せない。

中学からは迷わず女子校を選んだ。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 終わった恋
ジャンル : 恋愛

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

iyokan

Author:iyokan
フルタイム(不動産専門職)で働く既婚・子持ち40女。
いつもありがとうございます♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
人気記事
ブログパーツ
ブログ村30代OL


にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村
FC2カウンター
閲覧中♪
現在の閲覧者数:
F2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村30代OL
QR