2009-05-27

運命の不思議

その日は金曜日。
美紀は仕事を早めに切り上げて、美術館へと急いだ。

金曜日の夜は遅くまでやっている美術館が多く、
おばさんもいないし、子供もいない。
会社帰りのサラリーマンと学生が少し。
カップルやグループも少ないので、
ゆっくりと画を楽しめる。
美紀のお気に入りの時間だ。

今日の美術展は「印象派」展。

美紀は印象派の画が大好きだ。
モネ、ドガー、ルノワール・・・。
その人たちがどんな人生をおくったかなんて知らない。
その画をどうやって描いたかも分からない。
でも明るい色づかいの画をみていると、
心がぽかぽかと温まる。

美術展を一巡した後、
美紀は気にかかった画の前に戻ってくる。
その画は美術展の「目玉」でもないので、全く人はいない。
明るく濃い青色と薄い水色の空に、ぼんやりと雲が浮かぶ。
草原には花のような赤や黄、オレンジの色が混ざる。
暖かい日差しを感じる。

美紀はその画から少し離れた位置に立つ。
画のメッセージを読み取ろうとする。

100年以上も前に描かれたメッセージ。
その人はもうこの世にはいない。
でも画だけは、こうして残っている。
今、美紀の目の前にある。
この画が日本に来なければ、
こうして出会うこともできなかっただろう。
100年以上ものときを経て出会った。
その運命の不思議。

解説なんていらない。
自分の心の中でその画を感じる。

「人間なんて、小さい。人は必ず死ぬ。
だから、一生懸命生きなさい。
自分を表現しなさい。」

画はそう語りかけているように思える。

ほんの少しの仕事をして、帰って眠る。
それだけの繰り返し。

何にも不満はないけれど、
「自分を表現する」ってどんなこと?

人から人へと大事に受け継がれてきた画。
命をけずって描かれたのだろう。
その存在感は強すぎる。
美紀は、知らないうちに画の前で涙ぐんでいた。


〈iyokanからのお願い☆〉
いつもありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、がんばる30女に応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 小さな幸せ
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

iyokan

Author:iyokan
フルタイム(不動産専門職)で働く既婚・子持ち40女。
いつもありがとうございます♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
人気記事
ブログパーツ
ブログ村30代OL


にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村
FC2カウンター
閲覧中♪
現在の閲覧者数:
F2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村30代OL
QR