2017-03-21

「下剋上受験」の父は正しいの?

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

今更ですが、
ドラマ「下剋上受験」を観ました。

娘の「中学受験」のために、
中卒のお父さんをはじめ、
家族が奮闘する話です。

中卒とバカにされ続けた、
悔しさをバネに、
父が娘を名門中学に入れて、
別世界を見せてやるっ!
という話です。

娘のためよ。
もちろん。

娘がいい学校に入って、
いい会社に入って、
そのための受験ですよ?

でも、
小学生から、
学校を休んで勉強ばかりして、
それが本当にいいことなのかなぁ。

友達は名門大学の付属高校に行きました。
都内でかなりのトップレベルの高校。

勉強が嫌だったから、
もう勉強しなくていいように、
高校受験をがんばったそう。

私の同僚も同じように、
付属高校に行きました。

これまた都内のトップレベル。

でも人生を歩んだ結果、
考え方は全然違うことになる。

友達は、
「付属高校に行けば、
勉強しなくていいと思ったけど、
結局は学校内で競争しなくちゃいけなかった。

しかも付属高校だったから、
他の大学を受験することを考えられなかった。

そこそこの結果は出したけど、
今思えば、
もっとレベルが高い大学に行けたかも」

同僚は、
「付属高校にいったおかげで、
勉強できた。
元来怠け者だから、
レベルが高い付属高校に行ってよかった」

同じ付属高校でも、
本人の感想がまるでちがう!!!

友達は、
自分の子供には付属高校は勧めないという。

同僚は、
自分の子供にも付属高校、
もしくは付属中学に入れたいという。

なんなんだろう。
この差は。

あ、そうだ。
「下剋上受験」の話でした(笑)

つまりね。

親の考えが子供に大きく影響する。
「下剋上受験」のお父さんもそう。

そのお父さんの想いに応えようと、
娘は一生懸命勉強をするんだけど、
その時間を勉強に費やすことが、
本当に娘の幸せなのかな。

だって、これから先、
一生勉強、一生仕事、
になるんだよ???

子供のころは、
泥んこになって(今どき古い?)
友達と遊んだな~とか、
ケンカしたな~とか、

そんなことは一切なくて、
一緒に勉強したという思い出だけでは、
寂しくないか?

人によっては寂しくないのかもね。

でも私は、
何をやったらよいか分からない、
10歳にも満たない子供のころだけは、
「何になりたいか、
なんて分からないよっ!」とか、
「なんで勉強するんだよっ!」とか、
普通に思っていて許される年代だと思うの。

そういう年代がなくて、
常に前に向かって進むのも、
すばらしいことだけど、

学校を休んで、
受験に集中ということが、
必ずしもカッコいいことじゃない、
ということ。

みんな分かっているのかな。

最近は「受験勉強」が、
美化されすぎていて怖いな、
と思います。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。

2017-03-20

「働き方改革」で困ったこと。

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

今日もお仕事でした。

最近は、一定の時間が過ぎると、
平日休日に関わらず、
パソコンが強制的に
シャットダウンされるため、
きちんとした勤務時間で、
仕事をしなくてはいけません。

終わらないのは、
仕事ができないから、
なので、仕方がない。

その時間内でできる範囲で、
仕事を仕上げていく。

それが、
今の社会で求められている仕事、
なのかもしれません。

だから、
より一層精度が高いものを!
と言わないでね(笑)

というのも、
おかしな話なのですが、
残業がパソコンの起動時間で
管理されるようになると、
こっそり家に持ち帰って、
仕事をする人が出てくる。

これは予想できそうな話ですよね。

それでも、
書類持ち出しができなければ、
こっそり仕事もできない。

だから会社としては、
完璧!!

でもそれって、
本当にそれでいいのかなぁ。

確かに仕事をダラダラやるのは、
よくない。

残業時間をつけなけりゃいんでしょ?
と好き放題残業する人、
いました。

自分で好きでやっているから、
自主的に残業には含めない。

パソコン管理されたら、
今はそれもできないけどね。

そうなってくると、
サラリーマンの仕事は、
ある一定の時間内で決まった作業を
行うことだから、
あまり仕事の裁量がなくなる。

好きなようにやっていたら、
絶対的に時間が足りないし、
決まった方法で、
効率よく終わらせることが、
なお一層求められる。

となると、
仕事に対する創造力なんて、
一切必要なくなる。

こうしたらもっと、
お客様のためになる、とか、
効率的になる、とか、
会社が新しいマーケットに参入できる、とか。

時間をかけて失敗しないと、
飛躍できないこともたくさんある。

その時間も含めて、
決まった勤務時間内に、
というのは、
到底無理です。

みんな分かっていると思うけど。

「働き方改革」、とかいって、
どんどん働きにくくなるなぁ、
と思ってしまいます。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。


テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

2017-03-19

プレミアムフライデーのすごし方。

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

今月は2回目の
「プレミアムフライデー」が、
やってきますね。

「プレミアムフライデー」
という言葉が、
どうしても覚えられなくて、
「ハッピーフライデー」とか、
言っていました・・・

そんな私の会社でも、
「プレミアムフライデー」を
満喫する人々がいます。

私の会社は、
フレックスが使えるので、
そもそも16時までいれば、
後は帰ってもいいのです。

だから、
積極的に早く帰りましょう!
ということになる。

そして、
「16時からビール半額!」
みたいな素敵なお店に繰り出す。

その一方で、
土日は仕事に出ていたりする。

「プレミアムフライデー」で、
帰りやすくなることは素敵なことだけど、
結局、
早く帰った分は仕事が減るわけではなく、
土日にカバーしていたら、
あまり意味がないような・・・

しかも、
今月のプレミアムフライデーは、
3月31日!

「年度末の打ち上げ」と称して、
会社の人たちと夕方から、
繰り出すことに。

それって半分仕事だよね?

半ば強制的にフレックスをして、
会社のメンバーと飲みに行くって・・・

私、
仕事したいんですけど、
とか許されない感じですよね?

その分、
休みの日に仕事をする、とか、
おかしいと思う。

行きたい人が自由に早く帰って、
休みの日に仕事に出るのはいいけど、
会社の行事をプレミアムフライデーに、
合わせて入れられたら、
もはや自由ではないような。

そんなことを考えているのは、
私だけ、なのかなぁ。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

2017-03-18

「起業する」意味。

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

先日、
創業支援セミナーというものに
行ってきました。

そこで、
「開業」と「起業」のちがいについて、
おしえてもらいました。

「開業」は、
世の中にある業界に参入すること。

他人が通った道を通るのだから楽だし、
リスクは低いけど、
利益も少ない。

一方「起業」は、というと、
今まで世の中になかった仕事を生み出すこと。

誰もやったことがないことだから、
リスクは高いけど、
当たれば利益は大きい。

スティーブジョブス、
みたいな感じかしら。

「起業」は、
「新しい事業を起こす」、
という意味。

でも「誰もやったことがない」ことを、
生み出すというのは、
簡単ではない。

となると、
世の中の「起業家」というのは、
ほとんどが「起業家」ではなく、
「開業」ということになる。

「起業家」ってなに?

新しいものを生み出すって何?

PCや携帯やテレビが生まれてきたように、
まったく新しいものが生まれるということ?

モノがあふれたこの時代に、
これ以上新しいものなんて、
増えるのか???

それとも新しい「仕組み」のこと?

「仕組み」なら分かる。

「働き方」改革、
とかメチャクチャさかんだし、
新しいワークスタイルが、
生まれてくるでしょう。

でも、
テレワークや在宅は週に1日まで、
残業時間は月に100時間まで、
とか、
いろんな制約がある中で、
新しいスタイルって、
なんだろう?

前進はしていると思うのよ。

それは分かっているんだけど、
常にしばりがきつくて、
まったく新しいものになる、
なんて想像ができない。

つまり、ね。

もっと抜本的に、
びっくりするくらい大胆に、
変えていかなければ、
何も変わらない。

そのために日本は、
「開業」ならず「起業」するべきなの。

今のものをもったまま、
次のスタイルへ、なんて、
もう無理だと思うのです。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。

2017-03-17

もう、お金はいらない!

皆さま、こんばんは!
いよかん、です。

またまた、お金の話(笑)

今、60代、70代の人から、
たまに聞く話です。

「もうお金はいいの。
死ぬときにお金はもっていけない」

すごいね。

皆お金の心配しているのに、
お金はいいのって。

お金じゃなかったら、
なんだろう???

「それより、
いつまで元気でいられるか」

そういうことか。

まずはお金の心配。

お金が足りたら、
健康の心配。

いや、ちがう。

健康だから、
お金の心配ができるのか。

でも不思議に思うのは、
そういう人に限って、
最後の最後まで、
働いているのよね。

60代でも70代でも。

しかも、
少しだけ働いているのではなくて、
めいいっぱい毎日。

でも働くことは、
ライフワークだから、
嫌々働いているわけではない。

別にね。

銀座で、
豪遊したいわけじゃない。
毎回グリーン車で、
旅したいわけでもない。

だからね。
もう十分なの。

働いた蓄えがあれば、
十分生きていけるの。

でも働いている・・・

60代でも70代でも。

その結果、
遊ぶ時間なんてほとんどない。

これからはそういう時代?

アーリーリタイアもいいけど、
好きな仕事を見つけて、
ずっと続ける。

お金のためじゃなくて。

別に、
仕事で大成功した
特別な人の話じゃない。

普通の人の中の、
少しだけうまくいった人の話。

それでもね。

なんだかね。
自由には見えない。

好きなときに旅行に行き、
好きなときに友達に会い、
両親や兄弟に会い、
というのは、
さらにあと回し。

仕事を続けることはいい。
私も仕事は好きです。

その人たちが、
そんな仕事を見つけられたというのは、
すごいことだと思うし、
仕事を続けることは否定しない。

それでも、
70代まで仕事をガーっとやって、
そのあと自由時間って、
短すぎる。

自由時間と仕事をバランスよく、
というのは、
贅沢な話でしょうか。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!
いつもありがとうございます。

テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

プロフィール

iyokan

Author:iyokan
フルタイム(不動産専門職)で働く既婚・子持ち40女。
いつもありがとうございます♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
人気記事
ブログパーツ
ブログ村30代OL


にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村
FC2カウンター
閲覧中♪
現在の閲覧者数:
F2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村30代OL
QR